第18回【弁護士のウェブ戦略】離婚集客実践編 | 弁護士・法律事務所専門ホームページ制作

第18回【弁護士のウェブ戦略】離婚集客実践編

これまでの一覧はこちら↓
ネット集客

 
こんにちは。法律事務所経営を有利に導くIT戦略をご提案する合同会社レップリーガルです。
今回は第9回でご紹介した離婚分野の実践編ということで、どのような商圏と分野で戦うのか離婚分野の具体例を挙げて解説していきたいと思います。
 

動画での解説はこちらになります

 

離婚分野の復習

ネット集客モデル:離婚
まず下記の3点について少し離婚案件の復習をします。
離婚

 

離婚分野の案件数

離婚案件は案件数全体の30%という弁護士ドットコムユーザーの30%が男女問題や離婚問題を占めています。
一番のポイントは「離婚問題は圧倒的にユーザーが多い」という事です。
釣りで例えるとしたら、釣り堀に魚が山ほどいて釣りがしやすいということですね。
離婚分野は困っている人がものすごく多いので相対的にやりやすいです。

 

離婚分野の競合数

競合の数としても、比較的やりたいと思っておられる弁護士さんも多く、大手事務所も個人事務所でも離婚案件を取り扱っている人が多い印象です。

クリック広告やポータルサイトについては、「第9回離婚案件獲得パターン」という回をご参照ください。

第9回:離婚案件獲得パターン

 

離婚分野の攻略法

攻略法については、パターン1~パターン4までご説明しましたが、正直なところどれでも上手くいくのはいきます。
集客
その詳細は事例をあげてご説明していきたいと思います。

 

事例で見るネット集客モデル離婚(東京都練馬区の男性弁護士)

ネット集客モデル:離婚

 

状況

  • コロナの少し前の2019年度に開業
  • 元々大手の法律事務所で比較的離婚の案件も多く扱っていた
  • 大手にいたので、開業当初は顧問もほとんどない状況だった

 

商圏

  • 練馬区で開業
  • 練馬区は人口75万人の都市
  • 競合数はそれほど多くない
  • 弁護士は中心部より少ない

 

戦略

練馬区というのは人口が75万人。
80万人に近いけれど、練馬区は住宅街なので弁護士の数がぐっと減ります。
港区や池袋にも弁護士事務所はあるけれど、そこよりも練馬区の競合数は少ない。
でも、人口は75万人いるというのが利点ですね。
人口70万人台の地域が山ほどあるというのは東京のすごいところで、これを他の地域で例えると、例えば九州だったら70万人いる都市は、北九州と博多、福岡市くらいしかないんですね。
だから75万人とはそういう意味では、人が多いということです。
よって、離婚に関しても案件数があるだろうという予想ができます。

 

集客モデル

集客モデルに関しては、私たちがお伝えしているパターン1のベタなもので、弁護士ドットコムさんに3万円使い、ホームページのクリック広告も6万円くらい使って合計9万で勝負しました。

 

結果

結果としては、月平均12件の問い合わせ。
ホームページからの問い合わせもそこそこあり、2件ないし3件の受任が毎月ありました。
人が多い商圏で分野が離婚であれば、他のやり方でも可能ですが、ベタな集客モデルで攻めて成功したパターンです。

 

事例で見るネット集客モデル離婚(大阪府豊中市の女性弁護士)

ネット集客モデル:離婚

 

状況

  • 女性弁護士で他県から豊中に移り住み独立
  • 全く人脈の無い状態で独立
  • あまり時間がなかったのでサイトを作る3ヶ月がもったいない

 

商圏

  • 大阪府豊中市で開業
  • 豊中市は人口40万人くらいの中都市のベッドタウン
  • 競合数はほとんどない
  • 弁護士数も普通

 

戦略

人口40万人で中都市にしては人口がちょっと少ないと感じますが、女性弁護士で分野が離婚なので案件は山ほどある、という答えになりました。

 

集客モデル

集客モデルに関しては、この方は時間がなかったのでサイトをつくる3ヶ月をショートカットするために、即効性のある弁護士ドットコム3万円とポータルサイト7万円の2点で勝負し、ポータルサイトで回してしまった事例です。

 

結果

結果としては、半年間で月平均16件の問い合わせ。
おそらく20日くらいの営業日ですがほぼ毎日のように問い合わせがあり、3件の受任が毎月コンスタントに生まれていたという状況でした。
後日談としては、その後専門サイトを作られて専門サイトでも5~6万円クリック広告にかけると月平均30件の問い合わせが来て5件から多い時には10件くらい受任をされていました。

 

事例で見るネット集客モデル離婚(東京都港区の男性弁護士)

ネット集客モデル:離婚

 

状況

  • 独立して15年の超ベテランで貫録も十分
  • 離婚分野希望

 

商圏

  • 東京都港区の最激戦区
  • 人口は26万人

 

集客モデル

集客モデルとしては、弁護士ドットコム3万円とホームページのクリック広告7万円で勝負しました。

 

結果

結論としては、最激戦区ということもありやっぱりきつかったです。
半年間で月平均5件の問い合わせがありました。
しかし弁護士ドットコムからはほとんど問い合わせがありませんでした。
弁護士ドットコムでは港区千代田区など東京都内は正直なところ厳しいです。
クリック広告から問い合わせが5件くらい来ましたが、中々受任というのは無く、競合も多く2・3件弁護士事務所を回られて比較するお客さんも多いので、総じて上手くいきませんでした。
人口が26万人しかいない割に弁護士さんの数が万単位でいるのでこれが港区の難しさといったところでしょうか。

 

再戦略

どうしたかというと、サイト自体を離婚ではなく慰謝料請求の方に衣替えし、それで集客を試みると上手くいきました。
10件くらい問い合わせがくるようになり、2・3件は受任できるようになりました。
案件数の多い離婚であっても、港区で勝負するのは中々難しいというのを感じた事例でした。
&nsbp;
【第17回:商圏の現状 東京都内編】
https://replegal.net/marketing-news/seminar-details-17nd-html.html
 
【第19回:交通事故集客実践編】
https://replegal.net/marketing-news/seminar-details-19nd-html.html
 
これまでの一覧はこちら↓
ネット集客

集客についてお考えは、まずご相談ください