SEO対策における良質なコンテンツの必要性 | 弁護士・法律事務所専門ホームページ制作

SEO対策における良質なコンテンツの必要性

SEOは今まさに ”Content is King “ 「コンテンツは王様」の世界になっています。今までは、どれだけ検索エンジンに関する知識やスキルを持っているかがSEOで結果を出すために重要でした。しかし、今では、どれだけ検索ユーザーに最高のコンテンツを届けるために時間を費やしたかが重要になりました。

良質なコンテンツとは

どんなものが良質なコンテンツといえるのかというと、以下の2つのポイントを抑えたものが良質なコンテンツとされています。

  • ポイント1.検索エンジンの仕組みに合わせた、「キーワード対策」が施された記事
  • ポイント2.ユーザーにとって有益となる記事

良質なSEOコンテンツの作り方

ポイント1.検索エンジンの仕組みに合わせた、「キーワード対策」が施された記事

あなたの書いた記事について、その話題を検索する人はどのような言葉で検索してくるかをしっかりとイメージし、キーワード(≒検索ワード)の配置やバランスを調整するようにしましょう。それがキーワード対策になります。

タイトル

SEOで最も重要となるのは、やはりタイトルです。基本的に注意しておきたいのは以下の3点です。

記事の中で対策しているキーワード(検索してほしいキーワード)がきちんとタイトルに入っている

何を当たり前のことを、と思うかもしれませんが、いわゆる「魅力的なタイトル」を意識しすぎるあまり、肝心のキーワードがタイトルから抜けてしまっている記事も多いので注意が必要です。

検索は当然キーワード単位でおこなわれるものなので、絶対にタイトル内に入れるようにしてください。

1記事1テーマになっている

1つの記事内で複数のテーマとならないように注意しましょう。

テーマが複数あると「どういう目的で書かれた記事か」がハッキリしなくなるため、検索エンジンの評価も低くなってしまいます。1つの記事で伝えたいことは1つに絞り、それ以外のことはまた別の記事で伝えるようにしましょう。

タイトルの文字数は28文字前後を目安にする

タイトルの文字数については、これまでGoogleの検索結果画面での表示上限である「32文字以内」が望ましいとされてきました。しかしこの画面が仕様変更したことにより、表示文字数の上限は、ブラウザやフォントなどによっても異なる、というのが現状です。

現在は28~32文字が表示上限とされていますが、タイトル表示切れのリスクもあるので「28文字前後」を1つの基準にしてみましょう。

見出し

見出しについては、文章構造、つまり配置の順番とルールを意識しましょう。同じような内容の記事であっても、文章構造の違いで検索順位に大きな差がついてしまう場合もあるのです。以下、見出し(hタグ)の使い方について説明します。

h0~で設定される見出し、特にh1とh2はタイトルと同様にキーワード対策を意識しましょう。同時に、hタグ全般については以下の2点を覚えておいてください。

h1タグを使うのは最初の1回だけ(※HTML5の場合は問題なし)

h2タグ以降は複数回使用可能(※但し、順番どおりに使用すること)

ファーストビュー(リード文)

重要なコンテンツがページ上部にきちんと配置されているかどうか、いわゆる「ファーストビュー」の領域にどのようなコンテンツがあるのか、を検索エンジンは重視します。

特にh1の見出しの直下にキーワードを含めたリード文があるかどうかは、重要な要素となります。ファーストビュー内にh2及びそのリード文が入るような場合も同様です。

文章中

キーワードが「どこに置かれているか」というのも実はとても重要です。見出し部分以外にも、記事の中では以下の4箇所にキーワードを配置するよう意識してみましょう。

最初の段落(リード文)

段落の最初のほう

段落の最後のほう

最後の段落(まとめ)

あわせて、該当のキーワードに対し“一緒に検索されやすい関連語”も文章内に配置しておくと、検索でも一層見つけられやすくなるでしょう。

ポイント2.ユーザーにとって有益となる記事

ブログの記事タイトルを決める

タイトルは読者への最初のアピールです。読んでもらえるブログ記事になるのか、そうでないのかここでまず選別されます。読者ターゲットが気になるキーワードを想像してみましょう。

ブログ記事は、ひと記事にひと話題

文章構成を考えることも大切ですが、書き方はあまり難しく考えないことです。まずは、ひと記事にひと話題で書いてみてください。あれもこれも盛り込むと、焦点がぼやけてしまい伝わることも伝わりにくいのです。まずは最初の記事を書いてから、文章構成を考えても十分間に合います。

読みやすいレイアウト

良いブログ記事を書き方として、読者の読みやすいレイアウトにも配慮をしましょう。細かな字がページいっぱいに並んでいるよりも、段落を作ってあったほうが読みやすい印象に変わります。レイアウトを変えるだけでも、グッと読みやすく、良いブログ記事になっていきます。

色は3色くらいまでがよみやすい

読者が読みやすいブログ記事は、文字色はそれほど多くありません。3色程度のことが多いようにみうけられます。自分が読むときにどういうブログ記事なら読みやすいか、読者目線で考えていきましょう。

写真はきれいな印象のものを。大きめに。

良いブログ記事の印象を決める写真は、目に留まるようなきれいで大き目なものを使いましょう。適度に文章の合間にはいるだけで、読みやすい良いブログ記事に見えてきます。

川原総合法律事務所での実際の事例を下記のページをご参照ください。

http://rikon.e-bengo.com/rikonni/

 

集客についてお考えは、まずご相談ください