事務所サイト?専門サイト?どっちがいいの。 | 弁護士・法律事務所専門ホームページ制作

事務所サイト?専門サイト?どっちがいいの。

動画の解説はこちら


 
こんにちは。法律事務所経営を有利に導くIT戦略をご提案する合同会社レップリーガルです。
私たちは、今まで大体200事務所の法律事務所のホームページ制作のお手伝いをさせていただきましたが、そのうちの半数くらいが「今から独立したいです」「独立までにホームページを作っておきたいです」という方でした。

そこで、みなさんよく聞かれるのが、「事務所サイトと専門サイトどちらから作ればいいですか?」ということです。

そこで本日のテーマは、「ホームページ制作をするなら、事務所サイトか専門サイトどちらから作るのがいいのか」についてお話ししていきたいと思います。
 

 

ホームページの保有率

弁護士業界のホームページ保有率

事務所サイトや専門サイトのお話の前に、そもそも自社のホームページを持っている法律事務所がどれくらいあるでしょうか。
2016年の弁護士業界のホームページ保有率は何パーセントだと思いますか?
答えは38パーセントです。

驚くべきことに、弁護士業界のホームページ保有率は38%しかありません。
これは弁護士業界独特の特性も相まってものすごく低い数字です。

では、最新データ(2020年)では、何パーセントでしょうか?
答えは69パーセントです。
大体7割というところです。
この4年間で大幅な増加を見せていますが、やはり一般的な業界に比べて弁護士業界ではホームページの保有率が圧倒的に低いです。
 

他の業界でのホームページ保有率

他の業界でのホームページ保有率はどうでしょうか?
例えば、建設業は98パーセント、情報通信業では99パーセント、金融保険業では98パーセントで、全体だと大体9割くらいのホームページ保有率となっています。
現在では、ホームページがない会社がほぼないという認識ですが、弁護士業界ではホームページ保有率が7割ということで、弁護士業界だけ圧倒的に少ないことがご理解いただけたでしょうか。
 

弁護士業界でホームページ保有率が低い背景

紹介や顧問が強い業種

弁護士業界のホームページ保有率が少ない背景としては、そもそも紹介や顧問があって仕事が取れているのでホームページを作らなくてもいいかという気持ちや、サービスを売るってどういうこと・・・といった嫌悪感みたいなものが弁護士業界にあったのでホームページの保有率が少なくなっているという見解です。

それも今では7割くらいまで改善してきているので、弁護士業界でもホームページを作ることが一般的になってきていると言えるでしょう。

このような状況を見たうえで、ホームページを作成したいというニーズが増えてくること自体は非常に喜ばしいことだと思っています。
 

一般的なスマホ保有率

ところで、昨年2021年の一般人のスマホの保有率は何パーセントだと思いますか?
答えは、87パーセントです。

ということは、一般的になにか調べ物をする際はスマホで検索する方が8割以上いるということです。
その段階でホームページのない営業は考えにくいということになります。
今どきはおじいちゃんおばあちゃんでもスマホを持っていますからね。
例えば相続どうしようとなった時にスマホで検索されることもあるでしょう。
 

事務所サイトと専門サイトどちらを優先して作る?

事務所サイトは後回し

事務所サイトと専門サイトどちらを優先して作るのかというと、結論から申し上げると、まずは専門サイトから作るのが正解です。
独立するのだから早々に事務所サイトを作っておきたいと思われるお気持ちは十分分かります。
でも、ちょっと待ってください。

あなたは何の為にホームページを作るのでしょうか?
おそらく独立したいと考える弁護士さんで多くの方は、ウェブで集客をしたかったり、独立した際に有利な状況にもっていきたいからホームページを作りたいのではないでしょうか?
もしそうであれば、事務所サイトを作るのは後回しにして専門サイトから作っていくべきです。

次にその理由を見ていきましょう。

私達は便宜上、事務所のオフィシャルサイトのことを事務所サイトと呼んでいます。
また、集客用に特化したサイトのことを専門サイトと呼んでいます。
 

専門サイトを先に作る理由

事務所のオフィシャルサイトがあるだけでは、集客は難しいということが一番の理由です。

セミナーや今までのYouTubeでも何度もお伝えしていますが、分野別専門サイトこそがウェブ集客には不可欠であります。
 

事務所サイトと専門サイトの比較検証

実際に弊社川原が所属する川原総合法律事務所で、事務所サイトと専門サイトどちらか効果があるのか検証してみたことがあります。
事務所サイトと専門サイトの両方に同じ金額・同じ時間帯で広告を流しました。

どういう結果が出たと思いますか?
 

専門サイトの圧勝

結果は、見事なことにトリプルスコアでした。

大体3倍くらいの差があり、専門サイト(集客サイト)からは30件くらい問い合わせがありましたが、事務所サイト(オフィシャルサイト)だけだったら1件あるかないかでした。

離婚などすべての分野で、分野別集客サイトが圧勝したわけです。

つまり、独立する際にホームページを作ることは良いことですが、一番最初に作るべきなのは、集客に効果的である分野別専門サイトです。
 

事務所サイトは作らなくてもいいのか?

事務所サイトを作った方がいいかどうかは、あくまで事務所運営者の判断となります。
作るという場合はいつ作ったらいいのかというと、ある程度集客の目途がたって資金的にも精神的にも心に余裕ができたときに作っていただいても問題はないかと思います。
オフィシャルサイトは名刺代わりに過ぎないので、集客というときには分野別専門サイトを作られた方が効果的です。
独立でホームページ制作をご検討の場合は、弊社お問い合わせページからお気軽にご相談ください。

集客についてお考えは、まずご相談ください