wordpressの権限設定 | 弁護士・法律事務所専門ホームページ制作

wordpressの権限設定

WordPressはいまや世界中のホームページやブログ作成に使用されているオープンソースのソフトウェアです。弁護士事務所の中にもWordPressを使ってホームページを作っているケースは多いのではないでしょうか。今回は、そんなWordPressを扱う際に必要となる権限設定について解説します。どのような権限があり、権限ごとに何ができるのかなどについて解説しているので、WordPressを使ってホームページを作っている人、もしくはこれから作ろうとしている人はぜひ参考にしてみてください。
 

WordPressの権限とは

WordPressを利用してホームページを運営している場合、サイトの管理を複数人で担当して効率よく行いたい、と考えるかもしれません。しかし、もし全員が同じID、同じパスワードを使ってログインをしていた場合、IDやパスワードが漏洩してしまった場合など、管理をする上での危険性が高くなります。
WordPressには、このようなリスクを軽減させるために、担当者ごとにワードプレスへの権限を設定することができます。
権限は設定内容によってできることをコントロールできるので、「この人はこの作業だけ」「この人にはこれだけの作業をやってもらおう」といった設定が可能です。
 

WordPressの権限の種類

WordPressで付与することができる具体的な権限は以下の5つです。
 

  • 購読者
  • 寄稿者
  • 投稿者
  • 編集者
  • 管理者

それぞれについて確認していきましょう。
 

購読者(Subscriber)

購読者はWordPressにログインして記事などのコンテンツの閲覧をしたり、コメントをつけたり、アカウントの情報を編集したりすることはできますが、記事の投稿や編集はできません。この購読者の権限が付与されたアカウントでログインすると、管理画面にはプロフィールだけが表示されます。
 

寄稿者(Contributor)

寄稿者は、記事の閲覧だけでなく、記事の作成や編集をすることができます。記事作成に関してはあくまでも下書き投稿までであり、実際にホームページ状に公開する権限はありません。実際に公開作業を行うのは、後述する編集者より上の権限を持っている人となります。
 

投稿者(Author)

投稿者は、記事の閲覧、新規記事の作成、編集のほか、記事の投稿やメディアライブラリの管理などを行うことができます。ただし、投稿に関しては、自分の書いた記事の公開・編集・削除の全てを行うことができますが、他の人が作成した記事の編集などはできません。また、ホームページ上で固定になっているページの編集も不可となっています。
 

編集者(Editor)

編集者は、投稿者のできることに加えてさらに、コメントの承認やカテゴリー管理、リンク管理、既存記事の編集、固定ページの編集などを行うことができます。記事の編集は自分が作成したものだけでなく、他のユーザーが作成したもの、投稿したものを扱うこともできます。WordPress内のコンテンツに対してはすべて公開、編集、削除を行うことができると考えてください。
 

管理者(Administrator)

管理者は、WordPressの権限の中でも1番高いレベルです。ワードプレスの全部の機能を扱うことができ、編集者だとできないテーマの変更や編集、プラグインの設定、ユーザーの追加や編集、各種設定の編集などを行うことができます。
 

権限を設定した方がいい理由

WordPressに5つの権限レベルがあることは理解してもらえたかと思います。しかし中には「すべて管理者にしてしまえばみんなが同じ作業ができて楽なのでは?」と考える人もいるかもしれません。

WordPressに置いて権限を付与した方がいい理由は権限を分けることによって運用をスムーズに行えるようになるためです。例えば、

  • 記事の作成は寄稿者が行う
  • 記事の公開前チェックは投稿者が行う
  • サイトに公開するコンテンツの質の管理は編集が行う
  • WordPressの運用全般に関する責任は管理者が負う

 
といった形で、権限とできることに応じて作業内容を設定すれば、誰が何をやるのかがはっきりとするため、運用をスムーズに行えるようになります。
例えば、弁護士事務所や法律事務所の場合、管理者の権限は事務所のトップに付与し、コンテンツの作成や入稿は事務スタッフに付与することで、それぞれのするべきことがはっきりとするため、作業がスムーズになるでしょう。

一方で、面倒だからといって全員を同じ権限に設定すると、みんなが同じ作業を行うことができるため、誰が何をやるのかが曖昧なままになってしまい、作業効率も落ちてしまうかもしれません。さらに、例えば外部ライターがすべての権限を持ってしまう可能性もあり、外部団体や個人からWordPressを操作されてしまう恐れもあるでしょう。
 

権限の設定方法

WordPressの権限は、ユーザーを新規に追加する際に行う場合と、既存のユーザーの権限を編集する場合の2種類があります。それぞれの手順は以下の通りです。
 

ユーザーを新規に追加する場合
  • 「ユーザー」→「新規追加」を選択し、ユーザーの新規追加画面を開く
  • ユーザー情報を入力するフォームの一番下に権限に関する情報があるので、付与したい権限を選択する
  • 「新規ユーザーを追加」してユーザを登録すれば完了

 

既存のユーザーの権限を編集する場合
  • 「ユーザー」→「ユーザ一覧」を選択し、ユーザー一覧画面を開く
  • 権限を変更したいユーザーの編集画面を開く
  • 編集画面内の「権限グループ」を新しい権限に変更する
  • 画面の一番下にある「ユーザーを更新」をクリックして変更完了

権限の付与や編集自体は、特に難しくはありません。
 

ユーザー管理におすすめプラグイン

ワードプレスでは「プラグイン」という形で様々な機能を追加することができます。デフォルトのワードプレスはシンプルなものなので、プラグインを活用することで、利便性の高いホームページを作っていくのが一般的です。

そして、このプラグインの中には、権限に関するものもあります。
例えば、権限を細かく設定したい場合には「UserRoleEditor」というプラグインが利用できます。こちらは、既存の権限よりもさらに細かく分けることが可能です。
また、会員向けのページを作りたい場合には「Members」というプラグインが利用できます。
 

まとめ

WordPressは権限のレベルに応じて、できることに違いがあります。この違いがあることで、各権限所有者は自分がやるべきことがはっきりしてくるという特徴もあります。権限の付与自体はとても簡単なので法律事務所など、ITの専門家でなくても対応可能です。

集客についてお考えは、まずご相談ください