wordpressの「投稿」の使い方 | 弁護士・法律事務所専門ホームページ制作

wordpressの「投稿」の使い方

WordPressは高度な専門知識を持たなくてもWebサイトやブログの作成ができるオープンソースのソフトウェアです。WordPressを使って作ったWebページなどを弁護士個人や法律事務所単位で運営しているケースもあるのではないでしょうか。今回は、そんなWordPressの基本的な機能の1つである投稿について、その概要からやり方などについて解説します。
 

WordPressの投稿とは

WordPressの投稿機能は、いわゆるブログを書くときに活用するものです。企業などの場合、お知らせやコラム、商品ページなどを掲載するときに使用することもあります。また、詳しくは後述しますが、投稿では文字の入力や装飾、画像の挿入、見出しの設定などを行うことができます。さらに、カテゴリー分けも可能なのでブログ記事の内容に応じて管理することも可能です。
 

投稿と固定ページの違い

投稿と同じようなページに固定ページと呼ばれるものがあります。固定ページでは、「会社概要」や「お問い合わせ」などWebサイト内でも特定の位置に設置しておきたいページが作成されます。また、投稿のようにカテゴリー別に分類されているわけではなく、ページ自体が単体で独立したものとなっているのが特徴です。
 

投稿の追加・削除・編集

投稿を行う場合、基本となるのが「追加」「削除」「編集」の3つです。続いては、追加、削除、編集のやり方について解説します。
 

投稿の追加

投稿の追加は、ブログやコラムなどのコンテンツを作成することです。新規追加する際は、以下の手順で行います。

  • 投稿→投稿一覧を選択(投稿→新規追加でもOK)
  • 投稿-新規追加を押す
  • WordPressで記事を作成する
  • 下書きとして保存するか公開する

 
投稿自体はとても簡単に行えます。また、WordPressで記事を作成する、といっても書類やメールを作成するように文字を入力するだけなので、初めての人でも問題なく行えるはずです。
記事が完成したら、下書きとして保存することもできますが、そのままWebサイト上に公開することもできます。また、日時を指定して投稿予約することも可能です。投稿を予約する場合は、「すぐに公開する」と書いてある部分の右手にある「編集」ボタンをクリックしてください。すると日付を設定できるページが出てくるのでそれに沿って日時を指定するだけでOKです。あとは、指定した日時になったら自動的に記事が投稿されます。
 

投稿の前はプレビュー画面をチェック

記事を公開する前には必ずプレビュー画面をチェックしておくようにしましょう。プレビュー画面とは、作成した記事が実際のWebサイト上でどのように表示されるのかが確認できる画面のことです。WordPressの管理画面の右上にある「プレビュー」をクリックすると、プレビュー画面が表示されるのでチェックすることができます。
誤字脱字や画像の設定忘れ、タグの設定ミスなどがある可能性もあるので、公開する前には必ずプレビューでのチェックを忘れないようにしてください。
 

投稿の削除

投稿の削除とは、その名の通り作成した記事を削除することです。手順は以下の通りです。

  • 投稿→投稿一覧を選択
  • 削除したいタイトルの下のあたりにカーソルを合わせると表示される「ゴミ箱」リンクを選択
  • 削除完了

ちなみに、間違えて削除した場合は復元することもできるので安心してください。
 

投稿の編集

投稿の編集は一度作った記事を編集することです。以下の手順で行います。

  • 投稿→投稿一覧をクリックします。
  • 編集したいタイトルの下あたりにカーソルを合わせると表示される「投稿編集」リンクを選択
  • 編集画面が出てくるので、編集作業を行う

 
文字にすると難しそうに思えますが、専門的な知識がなくても投稿の追加、削除、編集は簡単に行えます。IT分野の専門家がいない弁護士事務所などでも問題なく扱えるので安心してください。
 

投稿のステータス

WordPressの投稿には、以下のように4つのステータスがあります。

  • 下書き:記事を作成したもののまだ公開はしていない状態
  • 公開済み:すでに公開した投稿
  • 公開予約:記事はすでに作成されていて、公開日時が予約されている
  • ゴミ箱:記事が削除された状態

 

WordPressのカテゴリーとタグ

WordPressの投稿では「カテゴリー」と「タグ」を利用することで記事を分類の分類ができます。カテゴリーは記事の分類のようなものです。カテゴリーは階層構造を持つことができる分類方法です。例えば、弁護士事務所の記事の場合、以下のような例が考えられます。

  • 親カテゴリー:裁判事例
  • 子カテゴリー:窃盗罪
  • 子カテゴリー:詐欺罪
  • 子カテゴリー:殺人罪

 
親カテゴリーは罪名に関係なく裁判事例としてひとまとめにしており、その下に罪名別に各子カテゴリーが存在しています。また、タグはカテゴリーのような階層構造を持つことはできませんが、記事感で関連し合うテーマを紐づける時などに活用可能です。

ちなみに、カテゴリーの使用はSEO(検索エンジン適正化)対策としても効果があるとされているため、作成した記事にはカテゴリーを設定するようにしましょう。
 

WordPressで投稿する時に使用する様々な機能

実際に投稿で記事を作成すると文字の装飾や画像の挿入、リンクの挿入などを行うことになります。最後に、投稿の際に使用する主な機能について解説します。
 

見出し

見出しとは、この記事における「WordPressで投稿する時に使用する様々な機能」や「WordPressの投稿とは」に該当する部分です。見出し設定をすると、Webページ上では文字が他の文字よりも大きく表示されます。
見出しを設定する場合は、見出しにしたい行にカーソルを合わせて「段落」をクリックしてください。そこで表示される見出しを選択すれば設定完了です。
 

リスト

WordPressではボタン一つで簡単にリスト(箇条書き)を挿入することもできます。リストを設定する場合、リストにしたい行にカーソルを合わせてリストのアイコンを選択すれば完成です。ちなみに、リストには、番号なしリストと番号付きリストの2つがあります。
 

文字の加工

強調したい時などに文字を加工することもできます。加工したい文字を選択して「B」ボタンを押すと太字に「I」ボタンを押すとイタリック体になります。
 

メディアの追加

文字だけの記事だとユーザーは読むのが大変です。そのため、適宜メディア(画像)を挿入するようにしましょう。メディアは挿入する箇所にカーソルを合わせて「メディアを追加」を選択すれば画像が追加できます。
 

リンクを貼る

記事作成の際に参考にしたサイトを掲載する場合、リンクを設定する必要があります。たまにURLをそのまま記事に張っている人がいますが、この状態はSEO対策としては良くない状態なので、文字リンクを貼るようにして下さい。
設定する場合、リンクを貼りたい文字を選択し、クリップのようなマーク→歯車のようなマーク→URL入力の順番で設定できます。
 

まとめ

今回はワードプレスの投稿機能の概要について解説しました。投稿を行うにあたっては特別な知識などは不要です。Wordの操作に似ている部分があるので、何回か触っているうちにすぐに覚えられるはずです。法律事務所などでブログを始めようとしている場合などは、ぜひ基本操作を覚えておきましょう。

集客についてお考えは、まずご相談ください