wordpressの「お問い合わせ」の使い方 | 弁護士・法律事務所専門ホームページ制作

wordpressの「お問い合わせ」の使い方

WordPressでWebサイトを構築し始めた弁護士の中には、「お問い合わせ」フォームを設置したいと考えているのではないでしょうか。
法人・個人ブログでも、ユーザーからの相談や依頼を受ける窓口として、お問い合わせフォームは大切です。

しかし、Wordpressを使い始めた初心者の多くは、どうやってお問い合わせフォームを記事に追加し、メールアドレスと紐づけるのか分からないかと思います。

お問い合わせフォームのポイントは、プラグインの選び方と設定です。

今回は、Wordpressで法律事務所のWebサイトを準備している弁護士の皆さんへ向けて、お問い合わせ機能の有無や追加方法、種類や使い方を紹介します。
 

WordPressにはお問い合わせ機能はある?

まずは、Wordpressにお問い合わせ機能があるのか、そしてどうやって追加するのか基本的な部分を紹介します。
難しい話ではありませんので、初めてWordpressを操作する弁護士の方も確認してみてください。
 

デフォルトにはお問い合わせ機能はない

WordPressをインストールした直後(デフォルト)は、お問い合わせ機能を利用できません。
正確にはお問い合わせ機能について、サポートされていませんので利用者自身で準備する必要があります。

デフォルトの状態でできることは、主に以下の機能です。
 

  • トップページの作成
  • 固定記事の作成
  • 投稿記事の作成
  • 画像や動画ファイルの挿入
  • タイトルやパーマリンクの設定

 

WordPressにお問い合わせを追加する方法

WordPressにお問い合わせ機能を導入するためには、いくつかの方法でセットアップしなければいけません。

主に以下2種類のうち、どちらかの方法を選びます。
 

  • HTMLコードを入力し、お問い合わせフォームを構築
  • プラグイン機能を利用して、お問い合わせフォームを構築

 
HTMLコードとは、「 h2 」タグなどウェブページを構成しているプログラムのことで、投稿ページの「テキスト」画面や内部設定からHTML・CSSコードの追加・修正可能です。

しかし、プログラムの構文や意味を知らなければお問い合わせフォームを設置できないため、担当者を雇うか外注にて作成します。

一方プラグインは、HTML・CSSについて初心者の方や、勉強する時間がない弁護士の皆さんにもおすすめの方法です。

プラグインとはスマホに例えるとアプリのようなもので、さまざまな機能をクリック操作でインストールできます。
そしてお問い合わせフォームについても、いくつかのプラグインがリリースされているので簡単にインストール可能です。
 

プラグインを追加する方法

プラグインを追加するためには、以下の手順でインストールまで完了させておきます。
 

  • 1.Wordpressへログインし、管理画面・サイドメニューを表示
  • 2.「プラグイン」をクリック
  • 3.画面上部の「新規追加」をクリック
  • 4.検索画面が表示されるので、お問い合わせフォームのプラグイン名を入力
  • 5.「今すぐインストール」をクリック
  • 6.インストール後「有効」をクリックすると、実装される

 
ポイントとなるのは、お問い合わせフォームのプラグインを事前に知っておく必要がある点でしょう。
ですので次の項目では、代表的なお問い合わせフォームプラグインを紹介します。
 

WordPressのお問い合わせプラグイン

続いては、お問い合わせフォームを簡単に設置できるプラグインを、5つ程紹介します。
 

Contact Form7

代表的なプラグインといえば、Contact Form7です。
数少ない国産のプラグインで、インストール直後から記事に実装できる手軽さが魅力的です。

ただ、カスタマイズする場合は、いくつかのHTMLコードを事前に覚えておく必要があるので、自由度の高い反面コードの知識も求められます。

今回は、後半でContact Form7の基本的な使い方を紹介します。
 

MW WP Form

MW WP Formは、自動返信からお問い合わせの確認まで1つのプラグインで完了できるセットタイプといえるでしょう。

また、設置はショートコード(HTMLが1まとまりになったモノ)をペーストするだけですので、効率よくお問い合わせフォームを実装できます。
Contact Form7と同様に日本人が開発しているため、各設定項目を日本語で表記しているのも初心者に嬉しいポイントです。
 

Visual Form Builder

Visual Form Builderは、海外製のプラグインのため日本語対応していませんがスマートなインターフェースです。

設置を行うにあたって、コード編集による調整も可能ですがドラッグ&ドロップで、実装や簡単な調整もできるのは優れたインターフェースといえるでしょう。
また、スパムメールの検知機能もあります。

使用する場合は、翻訳ソフトを活用しながら操作してみるのがおすすめです。
 

Jetpack Contact Form

Jetpack Contact Formは、お問い合わせフォームを含む複数の追加機能を搭載したマルチパックです。

たとえば以下のような機能を利用できます。
 

  • お問い合わせフォーム
  • Webサイトのバックアップ機能
  • スパムメールのフィルター
  • ハッキングに対する対策(マルウェアなど)
  • SNSボタンの設置と連携

 
他にも多数の機能があり、お問い合わせフォーム以外に実装しなければいけない方にはおすすめです。

ただ、他のプラグイン機能と重複してしまう場合は、バグなどのリスクもあるため控えましょう。
 

Ninja Forms

Ninja Formsは、「Ninja」という単語が含まれているものの海外製のプラグインです。
ただ、日本語に対応しているので、翻訳ソフトなどは不要です。

ドラッグ&ドロップで操作するのが大きな特徴で、コード入力なしでお問い合わせフォームの設置や調整まで進められます。
また、テンプレートがあるので、最初のうちはテンプレートを使用するのもいいでしょう。

Ninja Formsには有料版があり、ペイパルでの支払い機能などECサイトで必要となる機能を追加できます。
 

WordPressのお問い合わせの使い方

ここからは、Wordpressでお問い合わせフォームを導入する方法や使い方を、Contact Form7を例に紹介していきます。
Contact Form7は、日本語仕様でシンプルな内容です。
 

Contact Form7の導入方法

Contact Form7を導入するためには、まず以下の方法でインストールと機能を有効にさせます。
 

  • 1.Wordpressへログインし、管理画面・サイドメニューを表示
  • 2.「プラグイン」をクリック
  • 3.画面上部の「新規追加」をクリック
  • 4.検索画面が表示されるのでContact Form7と入力
  • 5.「今すぐインストール」をクリック
  • 6.インストール後「有効」をクリックすると、実装される

 
そして、プラグインの一覧画面にContact Form7が追加されますし、サイドメニューに「お問い合わせ」も実装されます。
 

Contact Form7の使い方

Contact Form7を使用するためには、サイドメニューの「お問い合わせ」をクリックし、「新規追加」もクリックします。
そして、投稿記事のような画面へ切り替わります。

Contact Form7の画面には、上部にタイトル・中央にフォームの設定項目が並んでいるので、まずタイトルを変更しましょう。

タイトルの変更方法は、記事作成画面と同じく任意の文字を入力するのみです。
続いてフォームの設定ですが、初期設定で件名から送信ボタンまで完備されているため通常は変更不要です。

メールタブは、自動返信の設定や内容を編集できます。
たとえばユーザーがお問い合わせフォームを利用した際に、どのような返信内容にするか決められます。
 

WordPressのお問い合わせはプラグインで実装するのがおすすめ

WordPressにお問い合わせフォームを追加したい場合は、今回紹介したようにプラグインで準備するのがおすすめです。

プラグインの多くはHTMLコード入力が不要ですし、早ければ10分程度で設定できます。
また、Contact Form7は、初期設定の段階で自動返信まで全て完備しています。

スピーディにWebサイトを構築・強化できるプラグインは、Wordpressを活用する全ての方にメリットのある機能です。

そしてお問い合わせフォームは、法律事務所のWebサイトにも相談・依頼などで必要となるため、弁護士の皆さんもプラグインを導入してみてください。

集客についてお考えは、まずご相談ください