wordpress「MW WP Form」の使い方 | 弁護士・法律事務所専門ホームページ制作

wordpress「MW WP Form」の使い方

WordPressは、ホームページやブログが簡単に作れる便利なサービスです。そんなWordPressではプラグインを利用することで様々な機能を追加することができます。この記事では、プラグインの1つである「MW WP Form」を取り上げ、その概要から使い方などについて解説します。

 

MW WP Formとは

MW WP Formとは、フォームを作成する際に活用するプラグインです。例えば、WordPress上に問い合わせフォーム機能が必要なときに、MW WP Formを使用することで追加することができます。フォームは、簡単なショートコードを記述するだけなので、あっという間に作ることができます。また、問い合わせフォーム以外にも、企業のホームページなどで使用されることの多い確認画面や送信画面の設定が行えるのも特徴です。

 

問い合わせフォームで有名なContace Form 7

WordPressにおける問い合わせフォーム機能のプラグインといえば、「Contace Form 7」が有名です。しかし、Contace Form 7は、問い合わせをする際の確認画面を設定することができません。そのため、問い合わせを送信する前に内容の再確認が行えず、例えばメールアドレスを誤って記入してしまい、そのまま送信される恐れもあります。
Contace Form 7でも、ほかのプラグインを利用すれば確認画面を追加することができますが、プラグインを追加することを手間に感じる人もいるはずです。

そのような場合に利用をおすすめしたいのが「MW WP Form」です。MW WP Formは、カスタマイズや各種設定が簡単に行えるのが特徴です。そのため、例えば弁護士事務所や法律事務所などで、ITのスペシャリストがいないような場合でも利用することができます。

 

MW WP Formの使い方

ここからは、実際にMW WP Formの使い方について解説します。設定自体は決して難しくないので、弁護士事務所や法律事務所のホームページ運営担当者はぜひ参考にしてみてください。

 

MW WP Formをインストールする

MW WP Formを使うには、まずWordPress上にインストールする必要があります。インストールはWordPressの管理画面内のプラグインの新規追加で「MW WP Form」を検索すればインストールできます。また、以下の公式サイトからダウンロードしてインストールすることも可能です。

https://ja.wordpress.org/plugins/mw-wp-form/


インストールが完了するとMW WP Formが管理画面のメニューに追加されます。

フォームを作成する

インストールが完了したらフォームの作成を行います。MW WP Formのメニューから「新規追加」を選択してフォームを追加します。フォームを作成する際に、必ず設定しなければいけないのは以下の3箇所です。
 

  • フォームを管理する「タイトル」
  • サイトに表示される「フォーム内容」
  • 管理者に自動的に送信される「メール内容」

  
タイトルは任意で決めることができるので、わかりやすいタイトルを設定するようにしてください。また、フォーム内容は、ドロップダウンから選択する形になります。そして管理者に届くメール内容も考えておくようにしましょう。

 

確認・送信画面を設定する

フォームの設定が終わったら、フォームの確認・送信画面の設定を行います。設定は本文を入力する欄の下にある「完了画面メッセージ」に表示させたい文言を入力するだけでOKです。「完了画面メッセージ」とは、ユーザーが問い合わせを行った際に表示される「メッセージを送信いたしました」「お問い合わせありがとうございました」といった類のメッセージのことです。

完了画面メッセージには、以下の要素を入れておくと、問い合わせをしたユーザーも安心することができます。
 

  • 問い合わせが問題なく送信できたこと
  • 今後の対応
  • 返信がない場合の連絡先

 

メールの設定を行う

問い合わせを行った後に、問い合わせをしたユーザーと、サイトの管理者に自動的に送られてくるメールの設定も行う必要があります。設定は、管理画面の右端にある「自動返信メール設定」に必要な文言を入力する形で行います。

 

フォームを設置する

ここまでできたら実際に作成したフォームをサイト上に設置します。設置は、フォーム作成画面の「フォーム識別子」に表示されているコード(ショートコードと呼びます)をコピーして設置したい箇所にペーストするだけです。これで、サイト上にフォームが表示されます。

 

動作を確認する

フォームの設置ができたら、実際にうまく動作するか確認してみる必要があります。実際にホームページから問い合わせを送信し、問い合わせをしたユーザーとホームページの管理者側にそれぞれ設定したメールが届けば問題ありません。ユーザーと管理者で送信されるメールが逆になっている、といった場合は修正してください。

まとめ
今回は、WordPressのプラグインの1つである「MW WP Form」の使い方について解説しました。MW WP Formは、確認画面付きの問い合わせフォームが作成できるため、ユーザーからの問い合わせが多い弁護士事務所や法律事務所での利用にぴったりです。設定も簡単に行えるので、WordPressでホームページを管理している場合は、ぜひ利用を検討してみてください。 

集客についてお考えは、まずご相談ください