プラグインのメリット・デメリット | 弁護士・法律事務所専門ホームページ制作

プラグインのメリット・デメリット

弁護士事務所や法律事務所で事務所の情報発信のために自サイトを運営しているケースは多いのではないでしょうか。中にはWordPressを使ってサイト運営を行なっているケースもあるでしょう。今回はそんなWordPressをより便利にしようするために欠かせないプラグインについてそのメリットとデメリットについて解説します。
 

WordPressとは

WordPressとは、サイト作成やブログ作成ができるソフトウェアのことです。世界的に高いシェアを誇っており、全世界の約3割のWebサイトがWordPressを使用しているとされています。近年では、企業などが自社のオウンドメディアを作る時などにWordPressを使用しているケースも増えています。また、専門的な知識やスキルがなくても扱えるのが特徴なので、弁護士事務所や法律事務所のホームページにWordPressを使っているケースも多いのではないでしょうか。
 

プラグインとは

WordPressは様々な機能をカスタムすることができます。この機能をカスタムするためのツールをプラグインと言います。わかりやすくいうと、スマートフォンにアプリをダウンロードするイメージです。

WordPressの基本的な部分はシンプルに設計されており、プラグインなしでサイトを作ると機能的に不十分になってしまう可能性があります。そのため、WordPressを使用する際はプラグインによって機能を拡張することは必要不可欠といっても過言ではありません。
自分たちにとって必要なプラグインを取捨選択していくことで、自分たちだけのオリジナリティの高いサイトを作ることも可能です。
 

プラグインのメリット

ここからは、プラグインを利用することのメリットとして以下の点について解説します。

  • 簡単に機能の追加ができる
  • 専門的な知識がなくても利用できる
  • プラグインは大量にある
  • 無料のものが多い

それぞれについて確認していきましょう。
 

簡単に機能の追加ができる

プラグインは追加が、とても簡単にできるのが特徴の1つです。例えば、WordPress公式のプラグインである場合は、WordPressの管理画面からインストールすることができます。インストールしたら「プラグインを有効化」し、プラグインの設定を行えば完了です。

また、一般のサイトに公開されているプラグインをWordPressでしようすることもできます。この場合は、WordPressにそのプラグインをアップロードしてから「プラグインの有効化」を行いプラグインの設定を行えば完了です。

このように、欲しい機能をボタン操作だけで簡単に追加することができます。もちろん、不要なプラグインは削除することもできるので安心してください。
 

専門的な知識がなくても利用できる

サイトを作る、というとプログラミング言語やHTMLなどの専門的な知識が必要なイメージがあるかもしれませんが、WordPressの場合基本的に専門知識がなくても利用可能です。万が一わからない点などが出てきてもインターネットで検索すればハウトゥを解説したサイトが多数出てくるのでそれらを参考にすれば十分に対応できるはずです。法律事務所などの場合Web関連の知識や技術を持っている人がいないケースも多いかと思うので、ぴったりだと言えるでしょう。
 

プラグインは大量にある

プラグインはWordPressにすでにあるものから一般のものまでその種類は多岐に渡ります。機能も様々で、例えば問い合わせページを作るものやセキュリティ対策を施してくれるもの、スパム対策をしてくれるもの、などサイトにあったら便利だな、というものは大体あるといっても過言ではありません。自分たちのサイトにあったプラグインがきっと見つかるはずです。
 

無料のものが多い

たくさんのプラグインがあるといっても、有料だとなかなか手が出ないかもしれませんが、WordPressのプラグインの場合、無料で利用できるものも多数存在します。費用をかけずに理想的なサイトを構築できるのはプラグインの大きな特徴だと言えるでしょう。
 

デメリット

プラグインにはデメリットも存在します。そこで、続いては以下のデメリットについて解説します。

  • プラグインを追加することで動作が遅くなる
  • プラグインの組み合わせが合わないこともある
  • アップデートによって不具合を起こすことがある

それぞれについて解説していきます。
 

プラグインを追加することで動作が遅くなる

便利な機能を追加できるプラグインは、WordPressでサイトを作る際には欠かせませんが、プラグインを追加するとサイトの動作が重くなるというデメリットがあります。プラグインはもともとなかった機能を後から追加することになるので、動作に影響が出てしまいます。もちろん圧倒的な違いがあるというわけではありませんが、多少の違いは出てくるので注意してください。そのため、むやみやたらにプラグインを追加するのはやめましょう。必要なものを見極める必要があります。
 

プラグインの組み合わせが合わないこともある

一般で作られたプラグインは他のプラグインとの組み合わせを考慮していないものも少なくありません。簡単にいうとプラグイン同士の相性が合わないこともあるということです。もし相性の悪いプラグインを同じサイト内に追加してしまうと、不具合が起こる可能性があるので注意しなければいけません。
 

アップデートによる不具合

WordPressは定期的にアップデートされます。それに伴いプラグインもアップデートされるのが一般的なのですが、どうしても多少の時間差が生まれてしまうためその間に不具合が発生する可能性があります。また、そもそもプラグインのアップデートそのものが行われないこともあります。
 
まとめ
プラグインにはメリットとデメリットの双方が存在します。プラグインを追加すれば自サイトに特徴を持たせることができ、他サイトとの差別化を図ることも可能です。一方で、プラグインをしすぎるとサイトの動作が悪くなることもあるので注意しなければいけません。そして、プラグインを利用すればサイトの訪問者が増えるというわけでもないので、その点にも注意してください。

集客についてお考えは、まずご相談ください