Google広告を始めるには | 弁護士・法律事務所専門ホームページ制作

Google広告を始めるには

弁護士事務所や法律事務所の中にはWeb広告を利用して集客したいと考えているケースもあるのではないでしょうか。そのような時におすすめなのが、Google広告です。この記事では、Google広告をこれから始めたい人に向けて、概要から始める際の方法などについて解説します。ぜひ参考にしてみてください。

 

Google広告の概要

始め方を確認する前に、Google広告がどのようなものなのか把握しておきましょう。Google広告は、Googleが提供する広告プログラムです。いくつかの種類の広告が利用可能で、宣伝や販売促進、さらには認知度の向上を目的としている場合などに活用可能です。例えば、弁護士事務所であれば、広告を出稿することで、相談依頼などにつなげていくイメージです。登録は無料で、最低使用料などは発生しないため、予算を自由に設定することができます。そのため、小さな事務所や会社でも利用することができます。
ちなみに、Google広告は以前まではGoogle AdWords(グーグルアドワーズ)という名前でしたが、2018年7月から「Google広告」に変更されています。

 

Google広告の種類

Google広告には、以下のように複数のタイプの広告が存在します。
 

  • リスティング広告
  • ディスプレイ広告
  • YouTube広告

 
リスティング広告は、ユーザーがキーワード検索をした際に、検索結果の上位に表示される検索連動型の広告です。広告はテキスト形式で表示されます。リスティング広告を利用すれば、その企業や商品、サービスについて知らない人でも関連キーワードから広告を見つけてクリックしてくれる可能性があります。そのため、リスティング広告は見込み客の獲得に向いている広告です。

ディスプレイ広告は、バナー型の広告であり、Googleが提携しているサイトなどに掲載されます。ニーズが潜在しているユーザーや顕在化しているユーザーなど幅広くアプローチできる広告です。

YouTube広告は、YouTubeの動画の最初や途中に流れる動画広告のことです。YouTubeを使ったことがある人なら一度は見たことがあるのではないでしょうか。YouTube広告の特徴は、動画を活用できるため、多くの情報を伝えられる点にあります。

 

Google広告を始める際の手順

ここからは、実際にGoogle広告を始める際の具体的な手順について解説します。始め方自体は決して難しくないのでぜひ試してみてください。

 

Google広告アカウントを作る

Google広告を始めるには、まずGoogle広告アカウントを作らなければいけません。アカウントを作る場合メールアドレスが必要になります。また、自分たちの商品やサービスなどのWebサイトのURLも求められますが、Webサイトを所有していない場合は「スマート アシスト キャンペーン」という新規ユーザー向けのサービスを使用すれば広告の掲載が可能です。

 

キャンペーンを設定する

アカウントを作ったら次にキャンペーンの設定を行います。キャンペーンは広告を管理する際の単位だと考えてください。このキャンペーンの中には、広告グループと呼ばれるものがあり、それも設定することになります。
キャンペーンでは、具体的には予算やターゲット地域を設定します。また、キャンペーンは商品別、サービスのカテゴリ別、地域別に用意するのが一般的です。

 

支払い情報を設定する

キャンペーンを設定するだけでは広告を表示することはできません。キャンペーンと同時に設定する必要があるのが、支払い情報です。支払い情報はアカウントにログインすれば随時編集可能です。

 

各種設定を確認する

キャンペーン、支払い情報ともに設定できたらもう一度間違いがないか見直すようにしましょう。
見直した結果すべて問題ない場合は、利用規約に同意するチェックボックスにチェックを入れ、「終了してキャンペーンを作成」を選択してください。
もし設定に間違いがあり、修正が必要な場合は「戻る」を選択して修正をする箇所に移動してください。修正が完了したら利用規約に同意するチェックボックスにチェックを入れ、「終了してキャンペーンを作成」を選択します。

これでGoogle広告の基本的な設定は完了です。この後広告の審査があり、承認されれば広告表示が開始されます。なお、審査はだいたい1日で終わります。

 

Google広告のメリット・デメリット

最後にGoogle広告を利用するメリットとデメリットについて確認しておきましょう。

 

Google広告のメリット

Google広告の大きなメリットとしてあげられるのが、柔軟に設定できる予算です。1 日単位、1ヶ月単位、広告単位などで費用を設定できます。また、費用は広告がクリックされて始めた発生するため、予算を小さくした状態からスタートでき「初めてでいきなり大きな予算をかけるのはちょっと…」というようなケースでも利用可能です。

Google 広告は、広告がクリックされたかどうかだけでなく、クリックした後にどのような行動をとったのかを把握することもできます。どのような広告がクリックされていて、成果に繋がっているのかを把握することでマーケティング戦略にも違いが出てくるはずです。

そのほかにも、広告のターゲット設定ができる点もメリットとしてあげられます。キーワードや広告の掲載場所、年齢、地域、言語、さらには曜日や時間帯、端末などを絞り込むことができるので、ユーザーの動向を踏まえて絞込みをすることでより効果を上げることができるでしょう。

 

Google広告のデメリット

Google広告は多くの企業などが使用しているため、ライバルが非常に多くなります。例えば検索キーワードのボリュームが大きいものだとライバルが増えなかなか自分たちの広告を見てもらえない可能性があります。

まとめ
今回は、Google広告の始め方について解説しました。始め方自体は特別な手順などは不要で、メールアドレスと会社や事務所などのホームページのURLがあればOKです。一方で、キャンペーンの設定内容は成果に大きく関与するため、設定する際はよく考えながら行うようにしてください。

集客についてお考えは、まずご相談ください