pcやスマホのウィルス対策はできていますか | 弁護士・法律事務所専門ホームページ制作

pcやスマホのウィルス対策はできていますか

今や私たちの日常生活にPCやスマートフォンは欠かせないものとなりました。普段の業務においてもほとんどの法律事務所にPCがあるはずです。また、仕事のやりとりをスマートフォンで行なっている弁護士の方も多いでしょう。一方で、PCやスマートフォンを扱う際にはウィルス感染に注意しなければいけません。この記事では、ウィルスの概要から、感染事例、さらにはウィルス対策ソフトを選ぶときのポイントなどについて解説します。
 

ウィルスとは

ウィルスとは、簡単に言うとパソコンやスマートフォンに対して悪いことをするプログラムのことです。ウィルスは、マルウェア(悪意のあるソフトウェアのこと)の一種です。
 

ウィルスの区分

ウィルスと一括りにされていますが、実はウィルスには以下のように複数の区分があります。

  • ウイルス:プログラムの一部を改ざんする。自己増殖ができる
  • ワーム:自己増殖ができ、プログラムなどに寄生しなくても存在可能
  • トロイの木馬:一見すると無害なプログラムのように見せかけている。PCなどに侵入して情報を盗むことも可能
  • スパイウェア:情報収集を目的としたマルウェア。自己増殖はできない

上記は全てマルウェアの一種であり、マルウェアの下位概念が「ウィルス」や「ワーム」にあたる形です。
 

ウィルス感染事例

もしPCやスマートフォンがウィルスに感染してしまった場合、以下のようなことが起こる可能性があります。

  • 銀行口座やクレジットカードの情報を盗まれる
  • 勝手に撮影や録音が行われてしまう
  • 写真や音声が自動的に送られてしまう
  • 連絡先が漏洩する
  • 端末が起動しない
  • 勝手にシャットダウンされる、勝手に再起動される
  • 動作が重くなる

など
このようにウィルスに感染するとお金を盗まれてしまう危険性や個人情報が漏洩してしまう可能性があります。また最悪の場合、PCが起動できず、保存していた情報を取り出せなくなるといったことも起こりうるでしょう。弁護士の方でも、依頼内容をパソコンで管理している場合、その情報が盗まれてしまうケースも考えられるので、決して法律事務所などにとっても関係のない話ではありません。
 

スマートフォンはウィルスに感染しない?

「スマートフォンならウィルスに感染しないので安心」と言われることがあります。これは、スマートフォンの場合、ウィルスの感染経路になるアプリを厳正に審査し、審査をクリアしたアプリだけがユーザーの手元に入る仕組みになっているためです。そのため、確かにPCに比べるとスマートフォンは安全だと言えます。

しかし、必ずしもスマートフォンがウィルスに感染しないわけではありません。例えば、Androidのスマートフォンの場合、個人が公開しているアプリのダウンロードもできてしまうため、悪質なアプリをダウンロードしてしまいウィルスに感染する可能性はゼロではないため、注意が必要です。
 

ウイルス対策ソフトとは

ウィルス対策ソフトは簡単に言うと、ウィルスがPCやスマートフォンに侵入することを防ぐソフトの事です。

各端末にインストールしておけば、もしウィルスを検出してもウィルスから端末を守ってくれます。ただし、ウィルス対策ソフトは、一度インストールすれば、その後一切ウィルスに感染しないものではありません。ウィルスは日々進化して、次々と新しい種類のウィルスが誕生しているため、定期的にソフトの更新をする必要があります。
 

ウイルス対策ソフトの選び方

ここからは、ウィルス対策ソフトを選ぶ際のポイントについて解説します。
 

どのウィルスを対象にしているものか

先ほども説明しているように、ウィルスにはいくつかの区分があります。ウィルス対策ソフトもウィルスの区分によって性能が異なるため、どのウィルスから端末を守ることができるのか、性能を確認することは1つのポイントだと言えるでしょう。
 

ソフトウェアの信頼性

ウィルス対策ソフトは、第三者機関によって性能の評価を受けます。そのため、そちらの評価を参考にして選ぶことも可能です。ちなみに、評価を行う第三者機関には「AVTEST(ドイツ)」や「AV- Comparatives(オーストラリア)」などがあります。高い評価を得ているのはもちろん、複数の機関から評価されているソフトの方がより安心して利用できるでしょう。
 

動作が快適かどうか

ウィルス対策ソフトを利用すると、端末に少なからず負荷がかかってしまうため、動作が遅くなってしまうことがあります。負荷が大きいソフトだと動作が遅くなってしまうので、そのような場合は負荷の小さいものを選ぶようにしましょう。近年ではクラウド対応のウィルス対策ソフトもあり、そちらは端末にかかる負荷も小さくなっています。
 

対応可能な機器数

法律事務所などの場合、事務所内の複数の端末をまとめてウィルス対策を施したい、と考えるケースもあるでしょう。ウィルス対策ソフトによっては、1つのライセンスを複数の機器で使用できるものもあります。また、端末の数が多い場合は、無制限でインストールできるタイプもあるので、そちらも検討してみてください。
 

コスト

ウィルス対策ソフトは有効期限が決まっており、期限が切れると更新が必要になり、その際にはコストもかかります。製品によって更新期間が違ってくるため、1年あたりの利用料金がいくらになるのか確認し、できるだけ出費を抑えるようにしましょう。
 

対応機器

ウィルス対策ソフト、と一言で言っても、1つのソフトが全ての端末に対応しているわけではありません。例えば、パソコンであればWindowsとMacのようにOSの違い、さらには同じWindows同士、Mac同意でもバージョンの違いによっては、ウィルス対策ソフトが対応していないケースもあります。OSやバージョンの異なるパソコンを複数所有している弁護士事務所や法律事務所は、特に対応機器についてもチェックするようにしましょう。
 

サポート

ウィルス対策ソフトを利用していてもウィルスに感染する可能性はあります。そのような時にサポートが受けられるかどうかも、ソフトを選ぶ際のポイントになります。24時間365日サポートに対応しているウィルス対策ソフトもあるので、PCやスマートフォンなどの端末に詳しくない場合は、サポート体制もチェックしておきましょう。
 

まとめ

ウィルスは日々進化し、様々な種類が誕生しているため、気づかないうちにPCやスマートフォンがウィルスに感染していた、となる可能性もゼロではありません。このような事態を防ぐためにもウィルス対策ソフトは必ず利用するようにしましょう。特に、依頼主などの重要な情報を扱う法律事務所においては、ウィルス対策ソフトは必須だと言えます。

集客についてお考えは、まずご相談ください