自サイトを検索で引っ掛けやすくするには? | 弁護士・法律事務所専門ホームページ制作

自サイトを検索で引っ掛けやすくするには?

弁護士事務所や法律事務所が、事務所のサイトを運営しているケースは意外と多いのではないでしょうか。一方でサイトは持っているものの、なかなか検索結果の上位に表示されなくて悩んでいるという運営者も少なくないはずです。そこで今回は自分たちが運営するサイトを検索結果に引っ掛けやすくするための方法について解説します。ぜひサイト運営の参考にしてください。
 

まずは検索の仕組みを理解する

検索結果の上位を狙うためには、まず検索順位がどのような仕組みによって決まっているのか理解することが大切です。

検索順位はGoogleが定める評価決定方法によって決まっています。同じ検索エンジンであるYahoo!もGoogleの評価方法を採用しているため、基本的に検索結果上位を狙う=Googleの評価決定方法に合わせた対策をすると考えてください。
この評価決定方法は「検索アルゴリズム」と呼ばれており、Googleの検索アルゴリズムは200以上あるとされています。この検索アルゴリズムによって評価を行い、高い評価を得たサイトが検索結果の上位に表示されるという仕組みです。

ちなみに、Googleがサイトの評価を行い実際に検索順位が決まるまでの流れは、以下の通りです。

  • Googleのクローラーと呼ばれるプログラムが各サイトを訪問する
  • サイトの情報を記憶する(インデックスと言います)
  • 順位付けを行い検索順位に反映される

 

検索順位のポイントは「コンテンツ」と「外部リンク」

検索結果の上位に表示させるには大きく分けて2つの要素がポイントになります。それは、「コンテンツ」と「外部リンク」です。詳細は省きますが、この点に関してはGoogleが公式に明らかにしている点なのでこの2点の対策を行うだけでも十分検索結果で自サイトが引っ掛かりやすくなるはずです。

コンテンツ対策として重要なことは、サイトを訪れるユーザーにとっての利便性を最優先に考えることです。また、そのコンテンツが外部の他のサイトから外部リンク(被リンク)を集めることも重要になります。外部リンクを集めるためには作成したコンテンツをSNSなどを活用して宣伝し、多くの人に知ってもらう必要があります。また、いくら多くの人にコンテンツの存在を知ってもらえてもコンテンツの質が低ければ外部リンクは獲得できないので、コンテンツの質にも拘らなければいけません。
 

コンテンツ作りのポイント

ここからは、Googleから評価され、外部リンクを集めるような高品質のコンテンツを作るためのポイントについて解説します。
 

キーワードを選ぶ

まずは、どのような検索ワードの際に検索結果の上位を目指すのか、コンテンツのテーマになるキーワードを決めましょう。キーワードは、コンテンツのタイトルに含まれるほか、コンテンツの各場面で出てくるワードとなります。

例えば「弁護士事務所」という言葉をキーワードに決めた場合、タイトルに弁護士事務所を使用し、コンテンツの中にも「弁護士事務所とは?」「弁護士事務所でできること」など適宜キーワードを入れていくイメージです。

キーワードを選ぶ際は、そのキーワードのライバルサイトを確認し、上位を狙えそうかどうかを判断する必要があります。例えば上位サイトが、運用期間が長く、コンテンツも豊富で、各コンテンツの質も高いようなものばかりだと、そのキーワードで上位表示を狙うのは難しいと考えられます。

一方で、競合サイト自体が少ない、もしくはあってもコンテンツの質が低いと判断できれば上位表示を狙える可能性があるでしょう。

ちなみに、ドメインを取得したばかりのサイトだとサイト自体の力(ドメインパワー)が弱いため、競合の多いキーワードや競合が強いキーワードで上位表示を狙うのは難しいと言えます。そのような場合は、ニッチなキーワードや競合が少ないキーワードでコンテンツを作るのがおすすめです。
 

キーワードをもとにコンテンツを作る

キーワードが決まったらコンテツを作っていきます。先ほども触れているように、コンテンツはユーザーにとって利便性の高いものでなければGoogleは評価してくれません。そのため、自分たちが伝えたいことを優先するのではなく、ユーザーが何を求めているのか調べるようにしましょう。
ユーザーのニーズは、そのキーワードで検索結果の上位に表示されているサイトを見るとよくわかります。上位に表示されているということは、Googleがユーザーの利便性にあったコンテンツ、と評価したものと考えられるため、それぞれのコンテンツの構成を確認するだけでも大いに参考になるのです。また、上位サイト以外にも、検索結果ページの下の方に出てくる関連ワードも参考になるのでチェックしてみてください。

ただし、上位サイトの内容をそのままコピーしてもGoogleは評価してくれません。他のコンテンツにはない体験、経験談など独自性を持たせることもGoogleの評価決定方法のポイントになるのでできるだけ入れるようにしましょう。
 

テキストの量に注意

コンテンツ作りの際に注意したいのが、コンテンツのテキスト量です。テキスト量が少ないとGoogleはコンテンツが少ないページだと評価するため、上位を狙うのが難しくなります。
 

被リンクの獲得を目指す

コンテンツが完成したらそれで終わりではありません。上位表示を目指すためには先ほども言った通り、外部サイトからの被リンクを獲得することがポイントです。そのため、作成したコンテンツをTwitterやFacebookなどのSNSを通して宣伝していくことが欠かせません。
 

質の高いコンテンツの量を増やす

いくらユーザーにとって利便性の高い高品質なコンテンツを作っても、それが1つしかなければあまり意味はありません。そのため、質の高いコンテンツの数を増やしていく必要があります。コンテンツを増やすには、新たにコンテンツを作る方法もありますが、それ以外にも既存のコンテンツに手を加えるという方法もあります。既存のコンテンツの情報が古いものであれば、最新のものに更新し、テキストの量が少なければ量を増やすなどリライトすることも検索上位を目指す上では重要です。特に弁護士事務所や法律事務所だと、法改正によってコンテンツの内容の修正が必要になるケースは多いと考えられるのでこまめに行うようにしましょう。
また、質の低いコンテンツを削除して、質の低いコンテンツの割合を減らすという方法もあります。
 
まとめ
自サイトが何もしなくても検索結果の上位に出てくるということはありません。上位に出てくるサイトは様々な対策をすることでその位置を手に入れています。今回紹介したように、検索結果の上位に来るためのポイントはコンテンツと外部リンクです。特にコンテンツはその良し悪しが外部リンクにもつながるので丁寧にリサーチをして作るようにしましょう。

集客についてお考えは、まずご相談ください