FTPとは?どんなツールがあるの? | 弁護士・法律事務所専門ホームページ制作

FTPとは?どんなツールがあるの?

法律事務所で自分たちのホームページを所有しているケースは少なくないかと思います。ホームページには画像や動画などのコンテンツが欠かせませんが、ホームページにそれらをアップする際にはFTPという通信プロトコル(約束事)を使用する必要があります。今回は、このFTPについてその概要から仕組み、できることなどを解説します。
 

FTPとは

FTPとは、正式には「FileTransferProtocol」といい、それぞれの単語の頭文字をとってFTPと呼ばれています。日本語に訳すと「ファイル転送プロトコル」となります。プロトコルとは、規約や約束事のようなものです。
つまりFTPはファイルを転送する際の約束事と考えてください。
 

FTPでできること

FTPでできることは、簡単にいうとサーバーとパソコン間でのファイルの転送です。例えば、ホームページに掲載する画像や動画をパソコンからサーバーにアップロードすることができます。また、逆にアップロードした画像などを他のパソコンでダウンロードすることも可能です。さらに、FTPがあれば、サーバーにアップされているファイルの一覧を確認することができるので、ホームページにどの写真があるのか確認し、必要に応じてアップロードしたり、削除したりすることで、ホームページを更新することができるというわけです。

このように、FTPはWebサイトを公開する際に画像データなどをWebサーバーに転送することを基本としており、インターネットが誕生した当初から使われている歴史ある技術となっています。
 

FTPの仕組み

FTPはパソコンとサーバーの中継役としての役割を持っているもので、それ自体で何かができるものではありません。
実際に利用する際は、まずFTPソフトを使って、FTPサーバーに接続する必要があります。両者の接続ができるとWebサーバーにあるファイルの一覧が表示されたりファイルなどを転送したりすることができます。
 

FTPサーバーの種類

FTPサーバーには大きく分けて2つのタイプがあり、タイプによって用途が変わってきます。1つ目のタイプは、「anonymous(アノニマス)」と呼ばれるものです。アノニマスとは匿名という意味を持っており、アノニマスタイプはその意味の通り匿名で誰でもアクセスすることができるFTPサーバーです。アノニマスタイプは主に企業や官公庁、研究機関などが利用しています。これらの組織は情報公開を行うことが多く、公開された情報を自分のパソコンにダウンロードすることも多いため、アノニマスタイプのFTPサーバーが向いているのです。ちなみに、誰でもサーバーにアクセスできますが、一般ユーザーができるのはダウンロードのみで、勝手にファイルをアップロードしたり、アップロードされているファイルを書き換えたりすることはできません。

もう一方のタイプは、ユーザーアカウントとパスワードでログインする形となっています。ファイルのアップロードやダウンロードはログインをしたうえで行わなければいけません。もし法律事務所などでホームページを作成するときは、このログインするタイプのFTPサーバーを使うことになります。
 

FTPのツール

FTPと一言で言っても、様々なツールが展開されています。中には無料で利用できるフリーソフトもありますが、中には有料のものもあります。有料の場合は、機能や使いやすさ安心感はもちろん、サポートも充実しているので、IT分野に詳しい人がいない法律事務所などの場合はこちらがおすすめです。また、Macに対応しているもの、Windowsに対応しているものと、OSによる違いもあるので選ぶ際は注意が必要です。
 

FTPのリスク

ファイルの転送に便利なFTPですが、利用の際にはセキュリティ上のリスクを伴うことになります。
実はFTPはPCとサーバー間でファイルなどのやりとりをする際に、やりとりする情報を一切暗号化せずに転送しています。そのため、もし第三者にFTPを利用してやりとりしている情報にアクセスされてしまうと、ユーザー名やパスワード、などの情報を盗まれてしまう恐れがあるのです。実際に、暗号化されていないことから、コンピューターウィルスから狙われたこともあるそうです。
このような、リスクもあり。現在ではFTPに変わってFTPSやSFTP、SCPといった情報の暗号化ができるプロトコルの利用が主流となっています。
 

FTPに変わる3つのプロトコル

先述の通り、情報漏洩のリスクがあることから、現在ではFTPではなく「FTPS」「SFTP」「SCP」といったプロトコルが利用されています。
 

FTPS
FTPSは、正しくは「FileTransferProtocoloverSSL/TLS」といいます。FTPSでは、SSLもしくはTLSというプロトコルを使って情報を暗号化しています。
SFTP
SFTPは、正しくは「SSHFileTransferProtocol」といいます。こちらは、SSHというプロトコルを使って情報の暗号化を行っています。
SCP
SCPは、正しくは「SecureCopyProtocol」といいます。先ほど説明したSFTP同じでSSHというプロトコルを利用して情報を暗号化しています。SFTPよりも通信速度が速いとされているのが特徴です。

 

まとめ

今回は、FTPについてその概要からリスクまで解説しました。FTPはインターネット黎明期からある技術ですが、情報漏洩のリスクもあります。そのため、もしFTPを利用するのであれば、情報の暗号化ができるFTPSやSFTP、SCPと言ったプロトコルを利用するようにしてください。

集客についてお考えは、まずご相談ください