レスポンシブについて | 弁護士・法律事務所専門ホームページ制作

レスポンシブについて

今やパソコンはもちろん、スマートフォンやタブレットなど様々な端末でホームページを閲覧するのが一般的です。大きさの異なる端末で同じホームページを見るときに注意しなければいけないのが、表示の大きさです。場合によってはパソコンだと綺麗に見えても、スマートフォンだとうまく見えない、となる可能性もあります。そこでこの記事では、そんな画面表示の際に欠かせないレスポンシブについて解説します。
 

レスポンシブとは?

レスポンシブは、簡単に言うと、パソコンやスマートフォン、タブレットといった画面サイズの異なる端末において、自動的に見やすい表示に切り替えてくれる仕組みのことです。法律事務所などでもホームページを所有しているケースがあるかと思いますが、レスポンシブに対応していれば、画面サイズの幅に反応してその端末で見やすい表示形式を選んでくれるので、パソコンでは見えてもスマートフォンでは見にくい、といった事態に陥る心配がありません。

また、このレスポンシブはGoogleからも推奨されており、SEO(検索エンジン最適化)対策にも効果的だとされています。SEO対策としてはもちろん、様々な端末からホームページを見るのが一般的になっている現在、単純にユーザーの利便性を考慮すると、レスポンシブに対応したホームページを構築するのが望ましいと言えます。
 

レスポンシブの仕組み

なぜ異なるサイズの端末に合わせて自動的に見やすい表示に切り替えることができるのでしょうか。その理由は、CSSというファイルが使われているためです。CSSは、正しくは「cascadingstylesheets」と言い、それぞれの頭文字をとってCSSと呼ばれています。
このCSSに「端末のサイズに合わせて自動的に切り替えるようにする」といった指示を与えることで、レスポンシブが行われているというわけです。
 

レスポンシブのメリット・デメリット

レスポンシブにはメリットとデメリットの双方が存在します。どのようなものなのか、それぞれについて解説します。
 

レスポンシブのメリット

レスポンシブのメリットには以下のようなものが挙げられます。

  • 各端末での見やすさ、利便性が向上する
  • サイトのURL自体は1つなので更新がやりやすい
  • SEO対策にもなる

 
レスポンシブに対応すれば、各端末で見やすい形に自動的に表示されるようになるため、見やすさはもちろん、使いやすさも向上します。
また、ホームページのURLはどの端末で閲覧する場合でも同じものを使用します。わざわざ端末別のホームページを用意する必要がないため、運営側の手間が省けるほか、スマートフォンからパソコンへURLを共有する時などもスムーズに行うことができます。
そして、先ほども説明しているように、レスポンシブはSEO対策を行う上でも検索エンジン(Google)からの評価対象となるため、例えば弁護士事務所が検索順位の上位を目指している場合、レスポンシブを行うだけでも大きな違いがあるはずです。
 

レスポンシブのデメリット

一方のデメリットとしては以下のようなものが挙げられます。

  • 初期設計に時間がかかってしまう
  • 知識や技術が必要
  • スマートフォンでサイトを読み込む際に時間がかかる可能性がある

 
レスポンシブは、どの端末にも対応できるようにサイトを作らなければいけないため、設計段階で時間がかかってしまいます。そのため、最初の段階では時間をかける必要があるでしょう。また、コーディングやデザインなどの知識や技術もある程度必要となります。一歩間違えると表示が崩れる恐れもあるので注意が必要です。そして、パソコン用のサイトで扱う情報量をスマートフォンでも読み込むことになるため、情報量の多いサイトだと読み込みに時間がかかる可能性もあります。
 

レスポンシブの種類

レスポンシブには以下の3種類があります。
 

  • レスポンシブレイアウト
  • リキッドレイアウト
  • フレキシブルレイアウト

 
レスポンシブレイアウトは、ブレイクポイントと呼ばれる数値を基準にサイトの表示形式が変わるものです。また、リキッドレイアウトは、画面の横幅に応じてサイト全体の表示サイズが変わるものです。そして、フレキシブルレイアウトは、リキッドレイアウトにコンテンツを表示する際の最大幅と最小幅を設定したものです。フレキシブルレイアウトの場合は、設定した幅よりも画面が大きいと余白が生まれることになります。
このように、いずれも端末に応じて最適な表示に自動的に変えてくれるものですが、設定する内容に違いがあります。
 

レスポンシブが正しく動作しているかチェックするには

例えば弁護士事務所のホームページをレスポンシブ対応にした場合、本当にちゃんと対応しているのかチェックしてみたいはずです。
レスポンシブの動作チェックは、実際にパソコンやスマートフォン、タブレット端末からホームページにアクセスすれば行えます。また、各端末がない場合は、ブラウザの機能を活用してチェックすることも可能です。
 
例えばChromeの場合以下の手順で確認することができます。

  • 画面上を右クリックして「検証」を選択
  • 画面上部に記載されているスマートフォンの機種名を選択
  • スマートフォンのサイズで表示された画面が出てくる

こちらも決して難しくはないので、試してみてください。
 

レスポンシブが必要かどうかは個々の状況によって異なる

ここまで解説したように、レスポンシブがあれば、サイトを訪れるユーザーの利便性が向上するだけでなく、運営側としてもSEO対策になるなど、多くのメリットがあります。ただし、だからと言って全てのホームページにレスポンシブを導入するのが望ましいかといえば必ずしもそうではありません。例えば、サイト運営に手間をかけたくない場合や、SEO対策を特に行わなくてもいい場合、サイトへのアクセスがパソコンからばかりの場合はレスポンシブを導入しなくても問題ないでしょう。
 

まとめ

レスポンシブは、パソコン、スマートフォン、タブレット端末など、それぞれの端末で最も見やすい形でサイトを表示してくれる便利なものです。初期設計に時間がかかるなどのデメリットもありますが、設計してしまえば、その後はスムーズな運営が可能です。各端末用のサイトを運営したい場合はぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか。

集客についてお考えは、まずご相談ください