プラグイン「Flamingo」の使い方 | 弁護士・法律事務所専門ホームページ制作

プラグイン「Flamingo」の使い方

弁護士事務所や法律事務所の中には、事務所のWebサイトをWordPressで作っているケースも多いのではないでしょうか。WordPressではプラグインを利用することで様々な機能を追加することができます。この記事では、プラグインの1つである「Flamingo(フラミンゴ)
を取り上げ、その概要から使い方まで解説します。弁護士事務所などで活躍するプラグインなのでぜひ使い方を覚えるようにしましょう。

 

弁護士事務所や法律事務所は相談が多い

WordPressでWebサイトを管理している場合、依頼者からのお問い合わせを受け付けるために「Contact Form 7」と呼ばれるお問い合わせフォーム用のプラグインを使っているケースが多いのではないでしょうか。

弁護士事務所や法律事務所の場合、悩み事を抱えた人が「ちょっと相談してみたい」「事務所に入るところを見られたくない」といった理由からWebサイトのお問い合わせフォームを経由して相談してくるケースが少なくないはずです。

「Contact Form 7」は非常に便利なプラグインですが、残念ながら問い合わせデータを管理することができません。そのため、例えば問い合わせで受信したメールを誤って削除してしまうと、問い合わせ内容がわからなくなってしまう恐れがあります。

この「Contact Form 7」の弱点を補うことができるのが今回紹介する「Flamingo」です。

 

Flamingoを利用すれば問い合わせ管理が可能に

「Flamingo」は、Contact Form 7を利用して設置した問い合わせフォームに届いた問い合わせデータを、管理することができるプラグインです。先述の通り、Contact Formでは、お問い合わせフォームの設置はできでもデータの管理やバックアップができませんでした。

しかし「Flamingo」であればこの「Contact Form 7」の弱点をカバーすることができます。「Flamingo」なら問い合わせデータのバックアップが取れているので、万が一問い合わせのメールが消えてしまっても、問い合わせ内容を確認することができます。
さらに必要に応じて、問い合わせをした人一覧をCSVにして出力することができます。問い合わせデータの管理を行うとき、問い合わせ内容からいちいちメールなどに転記していくのはかなりの手間です。一方で、「Flamingo」があれば、ボタンを押してCSVで出力されるのを待つだけで済みます。そのため、特にお客からの問い合わせが多いサイトであるほど、よりこの便利さを感じることができるはずです。

 

Flamingoの使い方

ここでは、Flamingoの使い方を順を追って説明します。設定方法自体は決して難しいものではないので、ぜひ試してみてください。

 

Flamingoを使う前提条件はContact Form 7を使っていること

Flamingoを使う場合、前提条件としてContact Form 7を使っている必要があります。これは、Flamingo が、Contact Form 7で作る問い合わせフォームのデータを管理するのに使われるためです。そのため、特にContact Form 7を使っていない場合はFlamingoも不要となります。

 

Flamingoをダウンロードする

Flamingoを使いたい場合、WordPressの管理画面内のプラグインの新規追加から「Flamingo」を検索するとダウンロードできます。また、下記のURLからダウンロードすることも可能です。

https://ja.wordpress.org/plugins/flamingo/

Flamingoを有効にする

Flamingoをダウンロードして有効化にすることでデータの管理が行えるようになります。特に問い合わせフォームをアレンジしていない場合は何もしなくてもそのままFlamingoの使用が可能です。ちなみに、Flamingoを追加すると管理画面のメニューにFlamingoの項目が追加され、その中に「問い合わせされた方の一覧」と「問い合わせの受信メッセージ一覧」が表示されるので、そこからデータを確認することができます。
例えば、問い合わせフォームに問い合わせが5件来てた場合、一覧にして出力することも可能です。「エクスポート」を選択するだけでCSV形式で出力してくれるので資料として活用することもできるでしょう。
もしCSVで出力したものの、文字化けしてしまっているようなら、Googleスプレッドシートで開いてみてください。

 

Flamingoを利用する際はセキュリティに注意

簡単にWordPressに追加できて、問い合わせデータの管理ができるFlamingoですが、利用時にはセキュリティ面に注意しなければいけません。Flamingoを追加すると問い合わせをしたユーザーの個人情報が保存されることになります。
もしWordPressに悪意を持った誰かが侵入してきた場合、個人情報を抜き取られてしまう恐れがあります。個人情報の漏洩は大きなトラブルになりかねないため、WordPressのパスワードやIDの管理は厳重に行うようにしましょう。

まとめ
今回は、WordPressのプラグインの1つである「Flamingo」についてその使い方を解説しました。追加する場合、ダウンロードするだけですぐに利用することができます。またCSV形式での出力にも対応しているため、問い合わせへの回答の優先順位をつけることもできるでしょう。ただし、利用する際は、個人情報の漏洩には細心の注意を払うようにしてください。

集客についてお考えは、まずご相談ください