第4話.「営業四苦八苦」の巻 | 弁護士・法律事務所専門ホームページ制作

第4話.「営業四苦八苦」の巻

営業四苦八苦

電話「rrrrr・・・・」
パンフレットを送った整骨院さんからの電話だ!!
「もしもし!?」
「あ、川原さん、お世話になります。」
「いえいえこちらこそです!交通事故の方いらっしゃいましたか?(ドキドキ)」
「いえ、まだなんですけどね。せっかくのご縁ですので、飲みにでもいきながら今後についてお話しましょう。」
「・・・そうですね!」
結局整骨院さんとの良い関係は継続したものの、肝心の交通事故案件のご紹介は1年間で1件だけ。(辛うじて人損だったが!)
もちろん、とてもありがたいのだが、パンフレットを配り続けたあの徒労の日々から勘案すれば、なかなか費用対効果が高い!とは言えない。
なんで交通事故紹介が少ないんやろう~。
なんでやろう~。なんでやろう~。とテツトモばりに悩みまくった結果、一つの答えが出た。
単純明快。
交通事故で重傷を負った方は、整骨院に行くのではなく、当然だが、まず病院にいく。
病院で治療中の患者さんからすれば、それこそ弁護士云々どころではない。
傍らのご家族もそれどころではない。
ある程度治療に目途がついたとき、はじめてご家族がスマホやPCで弁護士に相談を考えるのだ。
場合によれば、医者に問い合わせることもあるだろう。
ネットで「〇〇(地域) 交通事故 弁護士」と調べたら出てくる膨大な弁護士の情報がすべてを物語っている。
それに比べて、整骨院に行く患者さんは、そもそも重症患者ではない。(少ない)
交通事故に遭われた方の中でも、むちうちなどの軽症案件が多く、当然それ自体の患者は多いものの、わざわざ弁護士を雇ってまでー、、
と考える方が多いということもわかった。
接骨院に交通事故案件があるかないかで言えば、確実に「ある!」のだが、
弁護士事務所にとってのどが出る程ほしい案件が多いか、と問われれば、疑問である。
実際に営業活動を通してわかったことは、
少なくとも、守株待兎の精神では、体力が持たないというのが正直なところ。
中長期的に、焦ることもなく、というスタンスであればまだしも、当事務所のように、「ある程度短期間で結果を出す!」必要がある場合、あまり効果的ではない。
これは実際に足を運んでみて、やってみたからこそ得た結論だ。
一度や二度の失敗ではへこたれない。いや、へこたれている時間などない!!
タイミングよく、手持ちのパンフレットもなくなったところで、別の営業方法を考えるよりほかはなかった。
弁護士法人川原総合法律事務所
V字回復まであと!1年8か月!!(他の営業を模索!)

集客についてお考えは、まずご相談ください