第37話.「専門サイトのキーワード」 | 弁護士・法律事務所専門ホームページ制作

第37話.「専門サイトのキーワード」

慰謝料請求の話で熱くなった前回。

何度も言うが私自身の話ではない。

私自身はもっと複雑でワイルドなテイストで・・・と、

なにもメルマガで墓穴を掘る必要は皆無なので、これ以上は差し控えておこうと思う。

 

昔に失敗したサイト製作だが、もう失敗は許されない。

前回と大きく違うのは、ポータルサイトでの集客成功という大きな実績と経験、

そして、信定のマーケティング戦略だ。

 

専門サイト、と一言で言っても、一般的な事務所サイトとどう違うかご理解いただいているだろうか。

 

~弁護士、や~法律事務所と検索して、最初に出てくるようなサイトは、一般的に事務所サイトである。

事務所概要や、弁護士紹介、対応分野(相続、交通事故、離婚、労働など)の法律豆知識や、

セミナー、書籍情報など、一般的な内容に終始している。

 

これに対し、専門サイト、ここでは離婚を取り上げるが、

離婚専門サイトに、相続の知識は一切載っていない。

 

離婚しそうなとき、離婚を検討するとき、離婚したら、慰謝料請求したいなら、など、

昼顔主婦たちが食いつくような内容のオンパレードだ。

 

そして、検索語句も、「~弁護士」や「~法律事務所」と検索しても専門サイトは表示されない。(ことが多い)

 

「離婚 大阪 弁護士」や「大阪 慰謝料 弁護士」などのキーワードを入力すると、専門サイトが表示されるように設定を行った。

これはすべて信定のアドバイスだった。

 

「慰謝料を検討する人が川原総合法律事務所 離婚 とかで検索すると思いますか?」

その言葉から、キーワード設定を信定に行ってもらうことにした。

企業秘密なので、全貌を明らかにすることはできないが、

離婚に関するありとあらゆるキーワードがふんだんにちりばめられていたとだけ言っておこう。

「離婚キーワードの玉手箱や~」状態である。

 

キーワード設定は見通しがついたものの、まだ、慰謝料請求というコンセプトが決まった段階に過ぎない。

これからデザインや、写真撮影など、「魅せ方」を意識しなくてはならない・・・。

 

 

弁護士法人川原総合法律事務所V字回復まであと!1ヶ月と少し(キーワード気になる~聞きたい~♪と方はお気軽に聞いてください。笑)

 

集客についてお考えは、まずご相談ください