第30話.「がんばればがんばるほど」 | 弁護士・法律事務所専門ホームページ制作

第30話.「がんばればがんばるほど」

「給与」

労働の対価報酬のこと Wikipediaより。

 

そうなのだ。労働の対価なのだ!知っていただろうか!?(知っとるわ!)

 

きちんと労働を行った者には、それに応じた労働対価を支払ってしかるべき!

そう考えた私は、おとんと協議のうえ、給与体制の見直しを敢行した!

 

おとんが理事長に就任する前、

顧問と紹介で事件がパンパン状態だったあのころと、(あるときー!)

 

理事長に就任した後~

事務所に閑古鳥が鳴きはじめたころと、(ないときー)

 

別に551のCMではない。

同じ賃金であるのはおかしい!と私は考えた。

 

かといって、「ほならみんな一律10%程給与カットやー!」とすると、

おそらく私は血祭りに遭い、メルマガどころではなかっただろう。

霊界からこんにちは、どころの騒ぎではない。

 

ポータルサイトを活用して事件数が増えてきたとき~

 

インセンティブ制度の導入に踏み切ったのだ。

 

マイナス査定なし!

プラス査定のみ!という荻野目ばりのバブリー制度だ。

 

「新件は毎月最低3件は取ってください。3件以上取られた方は、1件につき〇円昇給/毎月 します!」

 

私の大号令で、給与体制の改革を断行した。

ちなみに、〇円の情報開示はさすがにいやらしすぎるので伏せておく。

 

案件もできる限り平準化するように配分し、機会均等に努める。

がんばればがんばった分だけ給与が上がっていく画期的なシステムの導入だ。

この制度を導入した結果、弁護士によれば、○万円給与アップしたというから驚きだ。(やらしい)

 

ジャパニーズドリーム!

いや、カワニーズドリーム!!

 

がんばった分の労働対価は保証しよう!

私とおとんだけでなく、みんなで事務所アゲアゲでいこう!!

 

弁護士法人川原総合法律事務所V字回復まであと!4ヶ月!!(商売魂!)

 

集客についてお考えは、まずご相談ください