第3話.「人生の岐路」の巻 | 弁護士・法律事務所専門ホームページ制作

第3話.「人生の岐路」の巻

人生の岐路

「おとん、おれ事務所手伝うわ。」
とっさに言葉が出た。
いや、熟考して出た言葉だったのか。それとも最初から頭にあった言葉なのか。
今からすればどうでもいい。
私は、事務所を、父親を助けたいと思った。これだけは本当の気持ちだと胸を張れる。
「司法試験終わってからでも・・・」
「ちゃうやん!
ぼくが弁護士になって、帰る事務所がないなら、弁護士になる理由ないやん!」
ここまででも映画化決定。
ここまで情熱的やったかどうかは別にして、私は事務所に戻ることを決意した。
もしかしたら弁護士という道をあきらめることになるかもしれない。
法科大学院を卒業したばかりの私からすれば、当然考えることだ。
ただ不思議に体と頭が動いた。理由はただ、なんとかしたいと思ったから。
そして、なんとかできるという漠然とした自信があったから!
父親との会食から1か月も経ないうちに、私は、弁護士法人川原総合法律事務所の一員として、業務を開始することになった。
勉強の際に着ていたスウェットの楽さと反した、スーツの着心地の悪さも時間をかけて慣れるはず。
そして慣れるころには、事務所が無くなるなんてことがなくなっていますように。。
そんな強い意思を胸に秘めた事務所生活が始まった。
そして業務開始一か月を経たころ・・・
「こらあかん!!」
ぬるま湯を全力で沸騰させるかのように、私は必死で事務所の内外を走り回っていた。
営業活動を開始したのだ!
営業活動は歩いてなんぼ!頭下げてなんぼ!笑ってなんぼ!
異業種交流会にも参加!目立ってなんぼ!
とりあえず名刺を配って配って、配りまくる!!
注力したのは主に、「整骨院」交通事故案件が欲しい事務所の意向から、整骨院との関係を構築することに照準を定めた。
「大阪 整骨院」「北区 整骨院」ネットで検索をかけ、ノーアポイントでパンフレットを配る日々。
1か月で2キロ痩せましたね。(笑)
気になる成果は・・・!?
次回のお楽しみ♪
弁護士法人川原総合法律事務所
V字回復まであと!2年!!(がんばるしかない!)

集客についてお考えは、まずご相談ください