wordpressに入れておくと便利なプラグイン | 弁護士・法律事務所専門ホームページ制作

wordpressに入れておくと便利なプラグイン

弁護士事務所や法律事務所などでWordPressを活用したサイトを運営している場合、プラグインを利用することになるかと思います。そこでこの記事ではプラグインがなんなのか簡単に説明しおすすめのプラグインについて解説します。自サイトをより快適にしてくれるものなのでぜひ参考にしてみてください。
 

プラグインとは

プラグインとはWordPressなどのソフトウェアに様々な機能を追加するプログラムのことです。もともとは「差し込み口」を意味する英語でしたが、IT用語としては上記のような意味で使われています。

WordPressは柔軟に様々なプラグインを追加できる点が特徴であり、プラグインなしの状態では少し物足りないWebサイトになってしまいます。また、不要なプラグインは削除することもできるので、自分だけのオリジナルのサイトを作ることも可能です。
 

プラグインを利用する目的

プラグインを利用する目的としては、大きく分けて以下の2つがあります。

  • WordPressにない機能を補完する役割
  • WordPressをもっと便利に使うための役割

それぞれについて解説します。
 

WordPressにない機能を補完する役割

1つめに関しては、先ほども触れているように、WordPressのみの機能でサイトに必要な機能をすべて補えるわけではありません。そのため、WordPressにない部分をプラグインを活用してカバーする必要があるのです。

具体的には以下のようなもの機能が挙げられます。

  • バグ修正
  • バックアップ
  • セキュリティ対策
  • SEO対策
  • パフォーマンス改善

など
これらは一部であり、これ以外にも様々機能の追加ができます。
 

WordPressをもっと便利に使うための役割

プラグインには機能的に弱い部分を補完するだけでなく、さらに便利に使うようにするためのものもあります。具体的には以下のようなものが挙げられます。

  • 目次を導入するプラグイン
  • 人気記事ランキング表示をするプラグイン
  • スライドショーを入れるプラグイン
  • 会員サイト機能を導入するプラグインなど

など

これらは必ずしもサイト運営に必要なものではありませんが、あるとユーザーにとってコンテンツやサイトがより使いやすいものとなります。例えば弁護士事務所や法律事務所のサイトで法律に関する解説記事を公開している場合、目次を入れることでコンテンツを読みやすくすることができます。
 

おすすめのプラグイン8選

ここからは、おすすめのプラグインを合計8つ紹介します。弁護士事務所や法律事務所のサイトなどでも活用できるものなのでぜひ参考にしてみてください。
 

WP Multibyte Patch

「WP Multibyte patch」は、日本語サイトには必須とも言えるバグ修正プラグインです。WordPressは英語圏で作られていることもあり、日本語サイトを作ると不具合が起こる可能性があります。WP Multibyte patchなら、日本語サイトが正しく動作するのに必要となる機能を補完してくれます。
https://ja.wordpress.org/plugins/wp-multibyte-patch/
 

BackWPup

「BackWPup」はサイトにバックアップ機能を追加してくれるプラグインです。導入すれば管理画面上から簡単にサイトのバックアップができるようになります。弁護士事務所や法律事務所の最後だと法律解説など、テキスト量の多いコンテンツも少なくないかと思います。そのようなコンテンツが「サイトをいじっていたらコンテンツが消えてしまった」となっては大変です。
このプラグインはバックアップ機能のほかにもバックアップスケジュールの管理やバックアップファイルの管理なども行えます。
https://ja.wordpress.org/plugins/backwpup/
 

All in one SEO Pack

「All in one SEO Pack」はSEO対策に欠かせないプラグインです。SEOは「検索エンジン最適化」のことで、サイトを検索結果の上位に表示させることを目指すものです。All in one SEO Packでは、SEO対策を行う際に重要な「Google Analytics」との連携ができるほか、タイトルやメタディスクリプション(コンテンツの概要)の設定なども行えます。
https://ja.wordpress.org/plugins/all-in-one-seo-pack/
 

EWWW Image Optimizer

「EWWW Image Optimizer」は画像の圧縮・最適化することでサイトの表示速度をよくしてくれるプラグインです。ページの表示速度が遅いとユーザーは途中で他のサイトに行ってしまう可能性がありますし、速度の遅さは利便性の悪さなのでSEOに悪影響を与える可能性もあります。そのため、サイトを重くする原因の1つになる、画像の圧縮を適宜行うことは非常に重要なのです。
https://ja.wordpress.org/plugins/ewww-image-optimizer/
 

Contact Form 7

「Contact Form 7」は問い合わせフォームを作るプラグインです。ユーザーからの問い合わせに対して自動メール返信機能や管理者への通知メールの送信などを設定することができます。弁護士事務所や法律事務所のサイトには必須のプラグインと言えるでしょう。
https://ja.wordpress.org/plugins/contact-form-7/
 

Google XML Sitemaps

「Google XML Sitemaps」はXMLサイトマップを作成するプラグインです。XMLサイトマップは簡単に言うとサイト各ページのURLを記載したり、最終更新日や更新頻度などを記載したりしたファイルのことです。検索エンジンにサイトの状態を通知してくれる役割を持つので、SEO対策を行ううえでは欠かせないプラグインだと言えます。
https://ja.wordpress.org/plugins/google-sitemap-generator/
 

Loginizer

「Loginizer」はセキュリティ対策ができるプラグインです。例えばサイトの管理画面にアクセスするためのパスワードを設定していたとしても、「ブルートフォースアタック」と言う総当たり攻撃をかけてログインしようとするハッカーも存在します。「Loginizer」を使えば、一定回数のログインを試行しようとしたら、そのIPからのログインをブロックすることができます。
https://ja.wordpress.org/plugins/loginizer/
 

Akismet

「Akismet」はスパムを排除してくれるプラグインです。Webサイトを運営しているとたくさんのスパムが届くようになります。いちいち対応するのは面倒ですし、放置してしまうと本当に利用したいユーザーからの連絡を見落としてしまう可能性があります。「Akismet」
ならスパムと判断したコメントを自動的に通知、除外してくれるので非常に便利です。また、運営元はWordPressを提供している企業なので安心です。
https://ja.wordpress.org/plugins/akismet/
 
まとめ
今回はおすすめのプラグインを8つ紹介しました。プラグインはサイト運営を行ううえで便利なのは確かですが、導入しすぎるとサイトが重くなってしまう恐れもあります。そうなるとユーザーの利便性が落ちてしまうため、元も子もありません。そのため、むやみやたらにインストールするのではなく、自サイトに必要なものがなんなのかを見極め必要なものを利用するようにしましょう。

集客についてお考えは、まずご相談ください