サーバーとドメインの関係性を解説 | 弁護士・法律事務所専門ホームページ制作

サーバーとドメインの関係性を解説

ブログやWebサイトを制作する上で欠かせない、サーバーとドメイン。しかし、初めてWebサイトなどに関わる場合は、サーバーとドメインの役割や関係性について疑問点の多いところではないでしょうか。

サーバーとはWebサイトやブログを保管しておく場所で、ドメインは住所のようなものという違いがあります。

これから法律事務所のWebサイトで集客するためには、弁護士の皆さんもサーバーとドメインの基礎知識および関係性は覚えておくことが大切です。

今回は、Webサイトに関わるサーバーとドメインの役割や特徴、関係について丁寧に解説します。
 

サーバーとドメインの関係性

まずは、サーバーとドメインの役割と関係を解説します。どちらもWebサイトの運用で必要不可欠ですので、法律事務所の公式サイトを運用する上でも欠かせません。
 

サーバーとはWebサイトを設置する土地のようなもの

サーバーとは、家や土地などにたとえると「土地」に相当するものです。そしてWebサイトは「家」に相当するもので、「家」を建てるためには「土地」が必要です。

つまりWebサイトを設置・管理するためには、サーバーへWebサイトのデータを送信・保管しなければいけません。

世界中に存在するWebサイト・ブログ・ネットショップ・公的機関のWebサイトなどは、全てサーバーに保管・管理されています。
 

ドメインは住所のようなもの

ドメインとは住所に相当するもので、Webサイトごとに固有のドメインが割り当てられています。

WebサイトのURLは以下のように構成されていて、URL全体をアドレスと呼びます。そして「1234jp/」がドメインです。


・https://www.1234jp/

 
インターネットの世界では、ドメインを基にWebサイトの場所を特定・データのやり取りを行います。ですので、ドメインを取得しなければ、Webサイトやブログを制作してもインターネットに公開できません。
 

サーバーとドメインの関係性

Webサイトは「家」、サーバーは「土地」、ドメインは「住所」の役割を持っています。そして、全てのWebサイトは、サーバーとドメインを取得した上で運用しています。

しかし、サーバーとドメインを取得しただけでは、Webサイトの場所を見つける(検索)ことはできません。

インターネットの世界では、Webサイトの場所をスムーズに検索・通知してもらうためにDNSサーバー(ネームサーバー)を経由します。

DNSサーバーとはドメインネームシステムサーバーの略称で、パソコンおよびWebブラウザとWebサイトが設置されているサーバーの間に位置しているシステムです。

つまりパソコンとサーバー、DNSサーバー、ドメインは以下のような流れで連携しています。

1.パソコン:https://www.1234jp/をインターネットで検索・アクセス
2.DNSサーバー:パソコンから通信を受けて、https://www.1234jp/のドメイン・URLへ案内
3.サーバー:https://www.1234jp/が格納されている場所で、パソコンの画面上ではWebサイトが表示される

 
このようにサーバーとドメインはWebサイトの管理の他、検索や閲覧時にも重要な役割を担っている仕組みです。
 

サーバーとドメインの特徴

ここからは、もう少しサーバーとドメインの機能や特徴を詳しく紹介します。
 

gTLDドメインとccTLDドメインとは

弁護士の皆さんが法律事務所の公式サイトやブログを立ち上げるには、Webサイトの他にもサーバーとドメインの取得が必要になります。

そしてドメインには、gTLDドメインとccTLDドメインと呼ばれるタイプがあります。

簡単に解説すると、以下のような役割・仕組みです。

gTLDドメイン:.comなど誰でも活用できるドメインの総称
ccTLDドメイン:○○.jp(日本のドメイン)など、各国に住んでいる個人・組織でなければ使用できないドメインの総称

 
ドメインを取得する際にgTLDドメインは複数所有できます。また、ccTLDドメインも1ユーザー・組織に対して、○○.jp(○○は任意の文字を組み込める)は複数所有可能です。

しかし、co.jpなど属性ドメイン(.jpの前に固有の文字が組み込まれているドメイン)の場合は、1ユーザー・組織に対して1ドメインと制限されています。
 

ドメインの種類

ドメインには、独自ドメインとサブドメインが存在します。独自ドメインとは、サーバーやドメイン会社などで取得した、任意の文字・数字を当てはめている有料のドメインです。

例:独自ドメイン例
abcd.com
abcdが任意の文字列
.comがgTLDドメイン

 
一方サブドメインとは、独自ドメインをベースに作成したドメインを指します。

例:サブドメイン例
abcd.1234.com
1234がサブドメイン

 
このようにサブドメインは独自ドメインの中に、追加で文字列を設定できるのが特徴です。メインサイトと関連しているWebサイトやブログを作成する際に、サブドメインを取得することもあります。もちろん、関連していないWebサイトを作成する際に、サブドメインを活用しても問題無く運用できます。


法律事務所のWebサイト:abcd.com
法律事務所の代表者ブログ:abcd.1234.com

 

サーバーの種類

サーバーにはさまざまな種類があり、役割や必要とされる性能に応じて変わります。

  • DNSサーバー:Webサイトの場所をユーザーへ知らせるためのサーバー。
  • メールサーバー:メール送受信用のサーバー。
  • データベースサーバー:Webサイトなどの情報が記録された大規模なサーバー。
  • FTPサーバー:Webサイトの制作や更新時に、ファイルをデータベースサーバーへ転送るする際に用いる。
  • ファイルサーバー:大容量のデータを管理できる。主に企業のデータ管理などに用いられる。
  • プリントサーバー:パソコンから印刷データをプリントサーバーが受け取り、サーバーから印刷機へ印刷指令を行う。パソコンの負荷を軽減できる。

 
たとえば法律事務所の公式サイトや代表者ブログを制作する際は、データベースサーバーにファイルを保管し、更新した際のファイル転送にFTPサーバーを使用します。しかし、初心者が扱える程簡単な内容ではないため、一般的にはWeb制作会社へ依頼するのが現実的です。
 

サーバーとドメインの関係性を理解した上で法律事務所のサイトを立ち上げよう

サーバーとドメインの関係性は、身近なものに例えると「土地」と「住所」に置き換えられます。Webサイトは「家」に相当していて、「家」を建てるためにサーバー・「土地」を確保します。そして多くの方に知ってもらうために、住所であるドメインを取得します。

法律事務所を立ち上げるためにはWebサイトとサーバーが必要で、登録・集客するためにはドメインの取得も欠かせません。

まずは今回ご紹介した関係性を理解した上で、Webサイトの制作を検討してみてください。

集客についてお考えは、まずご相談ください