第40話.「クライアントファースト」 / 弁護士専門ホームページ制作

  • どんなことでもお気軽にご相談ください 06-6648-8784
  • 24時間 受付中

第40話.「クライアントファースト」

2018.11.30

サイトの構成は、サイトマップに沿って製作を行う。

このサイトマップは、海図に等しい、いわばサイトの地図である。

 

スタート(トップ画面)から、ゴール(問い合わせ)を設定し、

その過程の青写真を描き、骨組みを構成し、肉を付けていく。

 

内容の充実は当然のこと、キャッチフレーズや写真などの見た目、

つまり「魅せ方」を特に意識した。

当初、事務所のチームカラーが「緑」なので、

緑を基調にしたサイト構成を検討していた。

 

しかし、信定が、「緑やと優しすぎます。慰謝料請求で戦いたい人にはもう少し攻撃的な色が効果的です。」という理由から、

オレンジに定まった。

個人的には熱血な虎ファンであるので、オレンジ色には相当な抵抗があったのだが・・・

私情は挟んでいられない!もはやGを好きになる勢いで!

オレンジ色の採用を決めた。(ある意味最大の苦渋の決断!!)

ちなみにまだジャイアンツは好きになれていな。(どーでもいい!笑)

 

 

今まで弁護士紹介に使っていた写真をそのまま流用しようとしたときも、

 

「もっと人間味の伝わるような写真を」という要望から、

相談風景風の写真を新たに撮り直した。

 

さらには、当時、新たに弁護士を募集し、面談を行っていたのだが、

先のポータルサイトの成功から、離婚問題の解決には、女性弁護士が求められている!という結論に到ったため、

内定を出そうとしていた男性弁護士ではなく、新たに女性弁護士に内定を出した。

 

一つの法律事務所がなにかの分野に特化するなら、単にサイトだけをちょいちょい変えたらいい!というものではない!

 

文字の関係上、今回は「離婚」に絞るが、「離婚に強い法律事務所」を売り出していくならば、

 

・女性弁護士の積極的登用(サイトにも前面に)

・キッズルームの創設(シングルマザーを対象に)

・着手金の設定(シングルマザーに優しく)

・今まで以上にマメなホウレンソウの徹底!

 

を意識し、改革することにより、

名実ともに離婚に強い法律事務所が出来上がるのだと考えた。

また、一般的に「受任率が低い」と嘆かれている離婚問題だが、

この分野で受任率を上昇させる教育を行うことにより、他の分野においても、絶対役にたつ!!はず!!

と考えたことも、離婚に注力した理由の一つだ。

 

すべてはクライアントのために。

 

サイトを使おうが、直接の営業を行おうが、

クライアントファーストという方向性に一切妥協は許さない。

 

 

弁護士法人川原総合法律事務所V字回復まであと!半月(鬼の川原!発動!)

 

集客についてお考えの方は、まずご相談ください。

  • ちょっとしたご質問やご相談だけでもお気軽にどうぞ!06-6648-8784
  • メールでの相談はこちら

こんな記事も読まれています。