第36話.「慰謝料請求という選択」 / 弁護士専門ホームページ制作

  • どんなことでもお気軽にご相談ください 06-6648-8784
  • 24時間 受付中

第36話.「慰謝料請求という選択」

2018.11.30

 

最近、旦那の行動がなんだか怪しい気がする・・・。

帰宅も遅いし、帰ってきても自室にこもることが多い。

トイレにまでケータイを持って入り、長時間出てこない。

何より、最近夫婦仲が冷え切っているような気がする・・・。

 

ある日、いつも通り夜中に酔っ払って帰ってきた旦那が、ケータイをいじったまま玄関で眠り込んでしまった。

 

ふと気になりケータイをのぞいてみると・・・

 

 

あとはご想像通り。サザンばりのシュラバラバランバ。

 

昼ドラの一場面ではない。

 

実際によくある事例のほんの一例だ。

 

 

この状況を経た女性が取る方法は二つある。

 

一つが「離婚」

 

そしてもう一つが「慰謝料請求」だ。

 

 

誰だって、今の生活をゼロにしたくない。

将来に対する不安も大きい。

その意味ではいきなり離婚!!は実は少ない。

 

ならばどうするか!?我慢するか!?旦那に謝ってもらうか!?

 

お小遣い減らすか!?もういっそしばきあげるか!?笑

 

いやいや、その怒りの矛先が相手の女性に向いてしまうのである!

 

例え誘惑したのが旦那だということが明確であったとしても!

 

それが女性なのである!それが、女性なのである!

 

大事なことなので2回言うておく。

 

 

話が女性論になりそうなので筆を置くことにするが、言いたいことは、

 

不貞案件が明確になったとき、女性はまず相手方女性に慰謝料請求を検討する!

ということだ!

 

この事実を元に、私と信定は、単なる離婚サイト、ではなく、

 

慰謝料請求サイトを構築する準備を始めたのである。

 

 

弁護士法人川原総合法律事務所V字回復まであと!1ヶ月と少し(前半エピソードは実体験!?)

 

集客についてお考えの方は、まずご相談ください。

  • ちょっとしたご質問やご相談だけでもお気軽にどうぞ!06-6648-8784
  • メールでの相談はこちら

こんな記事も読まれています。